ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

交通取締りの覆面パトカーに共通する特徴とは?

ドラマや映画でマグネット式の赤色灯をルーフに載せた覆面パトカーを見たことがあるでしょう。ただし、これは刑事が使う捜査用の覆面パトカー。私たちと深く関わってくる交通取り締まり用の覆面パトカーとは異なる外観となっています。交通取り締まり用の覆面パトカーを見分けるポイントを見ていきます。


スポンサーリンク
交通取締りの覆面パトカーに共通する特徴とは?

覆面パトカーの特徴は反転式赤色灯

現在、交通取り締まりを専門とする交通機動隊が乗っている覆面パトカーは、白黒パトカーと同様におもにトヨタの200系クラウンです。ひと昔前の覆面パトカーにありがちな外観のチグハグさが消え、一般車との見分けがつきません。

交通取り締まりの覆面パトカーの特徴はルーフの真ん中から、電動で出てくる反転式の赤色灯です。そのため、ルーフの真ん中に大きなフタがあります。運転席の高い大型車からは丸見えですが、乗用車からは一切見えません。

フロントグリル内に2つの前面警光灯を隠しているのも交通取り締まり覆面パトカーの特徴。スピード測定の際はこれを光らせます。とはいえ、潜伏中はクルマの外観から見抜くことはほぼ不可能です。

覆面パトカー共通のユーロアンテナ

180系と200系クラウンでトランクリッドにグレードエンブレムがない場合、交通取り締まり用の覆面パトカーの可能性が高くなります。一方で、現場ではエンブレムを貼り付ける擬装行為も…。エンブレム有りの覆面パトカーも存在します。

ルーフの最後尾にユーロアンテナを設置しているのも覆面パトカー共通の特徴。クラウン以外の車種でもよく見かける「チョンマゲ」タイプの警察無線用アンテナです。ただし、車外に設置していない場合もあります。

覆面パトカーは車内の様子も見分けるポイント。青い制服の男性2人が乗車しているのが目印になります。また、追い越し車線を勢いよく走ったら突然、おとなしく走行車線に戻るなど、加速や減速を繰り返す不審な動きもポイントです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事