ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察は防犯カメラの不鮮明なナンバーも判読可能

駅改札や繁華街など至る所に設置されている防犯カメラ。警察がさまざまな事件を解決する上でも防犯カメラの果たす役割は絶大です。警察の捜査に防犯カメラがどのような影響を及ぼしているのか、元刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏に実情を聞きました。警察は不鮮明なナンバーも判読可能なのです。


スポンサーリンク
警察は防犯カメラの不鮮明なナンバーも判読可能

防犯カメラはセットの仕方が大事

捜査3課で窃盗常習犯を専門にずっとやっていた経験で言うと、防犯カメラ映像に盗む瞬間が映ってることはまずないです。防犯カメラの映像から、何時何分にここにいて何時何分にここを通ったと行動を時系列に押さえ外堀を埋めていきます。

防犯カメラは何が大事かというと、セットの仕方です。最低2台で、映像に死角を作らないこと。東京・上野のアメ横で、防犯カメラの映像がスリグループの犯行の一部始終を捕らえたものもあります。

真打ちというスリの実行犯が、被害者の女性に近づきます。幕と呼ばれる目隠し役が犯行を行いやすいように女性の注意をそらし、真打ちは盗んだものをシキテンと呼ばれる見張り役に渡します。

防犯カメラのナンバーを簡単に判読

ここで真打ちは捕まっても、盗品は所持していない…となるのが通常です。しかし、防犯カメラ映像を死角なく設置できていれば、犯行過程がすべて映像に残っているため言い逃れできません。

最近の防犯カメラは、安価なのに鮮明な映像の機種が増えています。また、死角のない360度カメラもあります。しかし、長時間録画が必要とされるためどうしてもデータは圧縮され、低解像度・低画質になりがち。カメラの性能よりも、不鮮明な映像をどうクリアにするかに警察は力を注いでいるようです。

今は犯罪が発生するとすぐに防犯カメラの映像を押さえます。画像分析システムを使えば、不鮮明で全く見えないナンバープレートも簡単に判読。数字は0~9までしかないため、少ない情報でも解析が容易で、ほぼほぼ間違いは無いようです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事