ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

飲酒検問だけではない酒気帯び取締りテクニック

各道府県の警察本部で管轄区域を超えた全域をパトロールする自動車警ら隊、通称・自ら隊。職務質問のプロとして知られています。白黒パトカーの特徴は、ルーフ上にある昇降装置付きの赤色灯。そんな自ら隊が使う、飲酒検問だけではない酒気帯び取り締まりテクニックを見ていきましょう。


スポンサーリンク
飲酒検問だけではない酒気帯び取締りテクニック

主に夜間に実施される飲酒検問

スピード違反は交通機動隊だけを注意すればいいというわけではありません。自ら隊の白黒パトカーもスピード違反などの取り締まりを行います。とはいえ、乗員の追尾・測定技量が高くないため、追尾式の取り締まりは不得手です。

それでは、自ら隊はどういう取り締まりが得意なのでしょうか。「自ら隊のパトカーにもストップメーターは付いているので速度違反の追尾も可能。でも、やるのは酒(飲酒運転)が多いです」といいます。

「酒のシーズンは交通機動隊と違反者の取り合いになりますね」とのこと。主に夜間に実施される飲酒検問は、交通機動隊だけではなく自ら隊も独自に行うことができるからです。

酒気帯び取り締まりテクニック

飲酒検問は、警察官にとってはポイントが稼ぎやすく、手っ取り早い取り締まりです。ただし、酒気帯び取り締まりには飲酒検問のほか、自ら隊ならではのテクニックもあるようです。

「地域に密着した警らを得意とする自ら隊は、繁華街を中心に取り締まります。夕方に繁華街を見回り、駐車場などで車種を覚えておきます。そして、そのクルマの持ち主が帰って来たらすかさず追跡」するのです。

ここで、いったんクルマを停止させるのがポイント。「ほぼ飲んでいるはずなので、一時停止違反やウインカーの出し忘れなどで停車させて、飲酒で捕まえてしまうのです」といいます。飲酒運転は絶対にやめましょう。

■「飲酒」おすすめ記事
酒気帯び運転の検問は2車線の一方通行を狙う
飲酒検問は路地に逃げても警察官が待機している
飲酒検問は幹線道路から1本入った通りが狙い目
グリチロンはアルコール分解薬として効果を発揮

■「交通違反」おすすめ記事
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
一時停止違反は証拠がないと警察は立証できない
運転免許の点数が交通違反では減点されない理由
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
交通違反の赤キップと青キップの違いとは?
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事