ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

駐車監視員の新端末でわかる駐禁の取り消し事例

「警察大学校研修資料」は、警視庁及び各都道府県警察の交通取締課職員や、駐車監視員の指導者教育に用いられるもの。いわば、駐禁取り締まりの教科書です。そこには、駐禁の不当な取り締まり回避のヒントにあふれています。駐車監視員制度に詳しい事情通に資料を読み解いてもらいました。


スポンサーリンク
駐車監視員の新端末でわかる駐禁の取り消し事例

駐車監視員の書き損じで取り消し

警察大学校研修資料には「駐車標章が貼られても、違反から除外されるケースにはどのような場合がありますか?」という質問に対し、回答は、「監視員の書き損じが大半。車両ナンバー・場所・時刻・駐車監視員の名前…」などとあります。

すなわち、駐車監視員の書き損じによって、駐車標章が貼られても駐禁から除外されるケースがあるということ。確かに車両ナンバーが違っていると致命的です。駐車標章が貼られてしまった時には、場所や時刻などを確認したほうがよいでしょう。

また、監視員が都合で別の者に入れ替わったのに、元の名前で端末にログインしたままといった例もあるようです。なお、住所表記などは「◯◯付近」となっており、1文字間違っていたからといっても必ず取り消しになるわけではありません。

一方、端末の時間のズレはまれに起こります。違反時刻には別の場所にいたということが証明できれば、取り消しもあり得るかもしれません。ただし、その対策として2017年から駐車監視員が使用するタブレットに新端末が導入開始されています。

駐車監視員が持ち歩くタブレット

駐車監視員が持ち歩く堅牢なタブレットは違反事項等入力端末「NEC ShieldPRO」です。旧製品と大きな違いはありませんが、現在時刻確認のために5秒間赤い警告画面が表示されないと次の操作へ移れないマイナーチェンジを実施。端末の時間の誤差をしっかり修正するために表示方法が変更されています。

このほか、研修資料には「監視員が違反処理を行わない状況はありますか?」という質問に「運転者が車両に乗車または降車していることを目視していた場合、直後に無人車両となっても同じ箇所での確認作業は行われない」とありました。

事情通によれば、さらに監視員と会話でもすれば完璧といいます。しかし、その監視員が違反処理を行わなくても、別の組に電話してチェックさせることもあるようです。残念ながら、言葉を交わしても駐禁の違反処理は行われる可能性があります。

とはいえ、路上駐車は渋滞や事故の原因となります。くれぐれも駐禁の違反標章が貼られることのないように、交通ルールをしっかり守りましょう。

■「駐禁」おすすめ記事
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐車禁止違反は苦手!?注意だけの警察官が増加中
路上駐車をしても駐車監視員がスルーする場所

■「交通違反」おすすめ記事
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
交通違反の赤キップと青キップの違いとは?
一時停止違反は証拠がないと警察は立証できない
免許の点数が交通違反で「減点される」は間違い
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
路上駐車を見つけても監視員がスルーした場所

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事