ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

検死技官がバラバラ死体で個人識別する方法とは

白骨死体やバラバラ死体といった変死体事件のニュースを見かけますが、発見された頭蓋骨から生前の顔貌を蘇らせることによって解決する個人識別のエキスパートが科学警察研究所の検死技官です。日本で身元不明の変死体は5万体を超えますが、検死技官たちにより今日も地道な個人識別捜査が続けられています。


スポンサーリンク
検死技官がバラバラ死体で個人識別する方法とは

検死技官は頭蓋骨から情報を得る

死体発見における初動捜査の最大の関心事は、まず「この被害者はいったい誰なのか?」という一点に注がれます。発見された変死体が生前、顔にどんな肉と皮をつけ、誰であったのかという問題は、極めて重大な問題です。

死体がバラバラであった場合、警察がまず首を捜すのは、頭蓋骨にこそもっとも重要な個人識別要素が詰まっているからです。元科警研の検死技官は「人体の骨は全部で210個。そのうちの33骨でできている頭蓋骨には、個人識別のための情報が非常に多く含まれています」と語ります。

「頭蓋骨から得られる個人情報は性別、年齢、血液型、身長、死後経過時間。他にも目の大きさや鼻の形、顔型、歯形。犯罪捜査というのは、胴体がなくとも首さえあれば何とかなるもの」なのでした。

検死技官は癒着の状態で年齢判断

本格的に警察の科学捜査で復顔技術が取り入れられはじめたのは昭和45年頃。それまでは復顔に関する基礎データがありませんでした。「具体的には顔面上の合計36か所の計測ポイントを決め、骨から表面までの肉厚を測っていく。これを各年齢ごとにデータを採取していくわけです」と話します。

骨と顔の肉の厚さは年齢によって差があり、頭蓋骨が出てきて年齢さえ判別すれば、あとはこのデータの平均値に従って肉付けをしていくだけで、それにふさわしい顔ができるといいます。

年齢判断は頭蓋骨にある「縫合」の癒着の状態を検死技官はチェック。縫合とは、簡単に言えば骨と骨をつなぐギザギザのことです。

「赤ちゃんの頭がフカフカしているように、縫合は幼児期に離れていて、成長とともに次第にくっつき、老年期には完全に癒着して、今度は線が消えはじめます。この縫合というのはかなり正確で、およそ5歳刻みの判断が可能です。他にも骨細胞の老化具合、歯の摩滅の進行程度も参考にして、年齢を見分ける」のでした。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事