ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

レーザー式新型オービスが速度判定する位置は?

東京航空計器によって製造された新型オービスが各地で目撃されています。それが可搬式の「LSM-300」と、半可搬式の「LSM-300-HK」です。最大の特徴は、どちらもスピード測定にレーザー式を採用していること。このうち、可搬式の新型オービス「LSM-300」について詳しく見ていきましょう。


スポンサーリンク
レーザー式新型オービスが速度判定する位置は?

可搬式の新型オービスにレーザー式

国産唯一のオービスメーカーになった東京航空計器。その可搬式の新型オービス「LSM-300」はレーザー式のスピード測定を採用しています。移動式の新型オービスは一体型なので神出鬼没。どこにでもセット可能でしょう。

そもそも新型オービスの試行運用が始まったのは2014年です。生活道路などに設置される「固定式」と、数日間の設置で撤去される「半可搬式」、三脚に載った小型タイプの「可搬式」の3タイプを検討。スピード測定はいずれもレーダー式でした。

このうち、固定式の新型オービスは2016年3月から埼玉県と岐阜県で運用開始されています。ただし、埼玉県の新型オービスは2018年年2月に放火によって筐体の一部が焼損。現在は黒いカバーで覆われ使用されていません。

そして、2017年4月にお披露目された可搬式の新型オービスが、東京航空計器の「LSM-300」というわけです。なお、当初に検討された可搬式の新型オービスはセンシス社の「MSSS」で、こちらも幹線道路などでも目撃例が相次いでいます。

新型オービスの撮影ポイントは20m

可搬式の新型オービス「LSM-300」は今までのネズミ捕りと違い、カメラで記録できることが大きなメリット。スピード違反車両をその場で停止させたり、キップを切るサイン会場といったスペースが不要です。

「LSM-300」の撮影ユニットは、上からストロボ・カメラ・レーザースキャンセンサーが並んだ構造。開示情報では数値が黒塗りされていますが、車両検知区間は「30mから70m」、速度違反の判定区間が「25mから30m」、撮影ポイントが「20m」となっています。

また、取扱説明書には「一定速度で回転するミラーによる投受光のため、同じ経路の反射光しか受光しない」ため、他建造物や他車両(対向車を含む)の多重反射の影響を受けない旨が書かれていました。

レーザー式の可搬式の新型オービスは無人ではなく、イタズラされないように常に誰かが見張っているため、見かけても決して触れないようにしましょう。(写真/オービスガイド)

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事