ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

レーザーで車速測定する半可搬式の新型オービス

無人式の速度違反取り締まり装置「オービス」に今、大きな変化が起こっています。1つは、新型オービスと呼ばれる移動式装置の導入。そしてもう1つが、レーザー式の速度測定機の登場です。この2つの大きな変化を形にしたのが、半可搬式の新型オービス「LSM-300-HK」。詳しく見ていきましょう。


スポンサーリンク
レーザーで車速測定する半可搬式の新型オービス

新型オービスがじわじわ増えている

従来までのオービスの設置には大掛かりな工事が必要で、高速道路や幹線道路での利用がメインです。ただし、取り締まり地点が固定化してしまうことと、通学路など生活道路での事故対策が近年の課題となっていました。

そこで、じわじわと増えているのが「可搬式・半可搬式・固定式」の3タイプある新型オービスになります。可搬式は三脚に載せて使用するタイプで、分解して移動が可能。半可搬式はトラックなどで移動します。固定式は、標識のようにポールを埋めて設置するタイプです。

そして、新型オービスのうち、可搬式と半可搬式の新型オービスにはレーザー式の速度測定機を採用。最近では、レーザー式の速度測定機を搭載したパトカーも登場していて、すでに速度違反を取り締まっています。

このうち、半可搬式の新型オービスが「LSM-300-HK」です。東京航空計器のオリジナルマシーンでHKのHは半の「は」で、Kは可搬式の「か」と思われます。すなわち「半可搬式」の略でしょう。上部の撮影部はストロボ・照準用カメラ・撮影用カメラ・レーザースキャンセンサー発射口という構成です。

半可搬式の新型オービスはレーザー

半可搬式の新型オービスの重量は重く、移動させるには600kgに耐えうる台車などが必要になります。約12時間の充電で約24時間稼働し、ストロボは約300回光らせることが可能です。

取扱説明書を読むと、移動式の新型オービス「LSM-300」とほとんど同じ構成・仕様となっています。レーザーによる車速の測定で撮影する画像には、ドライバーの顔やナンバープレートを、違反車両の右側に拡大して貼り込める仕様です。

半可搬式の新型オービスは、車道の左端ばかりか中央分離帯側にも設置することがあり要注意です。ただし、大きくて白く目立っているので発見はしやすいでしょう。なお、主電源がONの状態で警報解除キーを使わずに小扉を開くと、赤色灯とアラーム音による警報装置が1分間作動します。(写真/オービスガイド)

「新型オービス」おすすめ記事
新型オービスの登場で変わる速度取り締まり対策
オービス検知アプリは新型オービスにもすぐ対応

■「オービス」おすすめ記事
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?
オービスの種類と特徴はしっかり頭に入れておく
LHシステムは全国的に配備が進むオービスの主流
Nシステムは通行車両のナンバープレートを撮影

■「スピード違反」おすすめ記事
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
スピード違反のネズミ捕りを察知する5つの方法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事