ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

監視員による駐車違反が確定するタイミングは?

駐車違反の取り締まりは、以前は警察官がカギ付きの駐車違反ステッカーをドアミラーなどに取り付け、違反者を警察へ出頭させて違反キップを切るスタイルでした。そのスタイルは2006年6月1日にスタートした駐車監視員制度で大きく変わったのです。監視員による駐車違反が確定するのはどのタイミングなのでしょう。


スポンサーリンク
監視員による駐車違反が確定するタイミングは?

監視員の駐車違反取り締まり手順

駐車監視員制度により、駐車違反は警察に出頭させて違反キップを切るのではなく、違反を現認した後にナンバーから判明した車両の持ち主に「放置違反金」という新しいペナルティを払わせる形に変更されました。

このため、警察へ出頭しなくてもクルマの持ち主として放置違反金を払えば手続きは終了。違反キップは切られず違反点数も付きません。ところが、そうとは知らずに出頭して、放置違反金で終えるチャンスを捨ててしまった人が結構いるようです。

そして、気になるのが駐車監視員による駐車違反が確定するタイミングでしょう。駐車違反の車両を駐車監視員が状況確認しているところに、危険を察知したドライバーが愛想笑いで戻ってきて、そのまま走り去る姿を見たことがあるはずです。

駐車監視員による駐車違反取り締まりの手順は、まず運転者などがいないことを確認したら除外標章、許可書がないことを確認します。そして、違反内容の認定、車種を確認。駐車状況を撮影して端末へ送信するのです。

駐車違反のチケット貼り付けで成立

続いて、ナンバープレートを撮影して端末へ送信。駐車場所の町名・番地・道路号線を確認して、車種・ナンバー・違反態様を入力、見取り図を作成します。そして、プリンターの電源を投入、標章用紙の有無を確認するのです。

大体3~5分といわれる規定時間の経過待ちの間に、再度打ち込み内容を確認。標章発行リミット確認後にチケット印刷を開始します。そして、チケットと担当した監視員・時刻・違反内容・脱字等を確認するのです。

ここまでの作業が済んだら、チケットを車両フロントガラスに貼り付け。この駐車違反のチケットの貼り付けをもって確認業務が成立します。このため、駐車監視員の確認中にドライバーが戻ってきて走り去ってもお咎めがないわけです。

ただし、いったん駐車違反のチケットを貼り付けてしまったら最後、どんなに頼んでも剥がしてくれることはありません。剥がせるのはその車両のドライバーや管理者のみ。駐車監視員にチケットを剥がす権限がないのです。

チケット貼り付け後にも車両を撮影して端末へ送信。後記メモ等を作成して、誤りがないか再度確認してから端末を閉じます。そして、車両から離脱するというのが駐車違反取り締まりのおおよその流れです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事