ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スピード違反の取締りから逃れることはできる?

スピード違反の取り締まりは「有人式」と「無人式」に分けられます。有人式はパトカーや白バイによる「追尾式」や「ネズミ捕り」のこと。無人式は路上に設置されたカメラで自動的に撮影するもの。いわゆる「オービス」です。これらのスピード違反の取り締まりから逃れることはできるのでしょうか。


スポンサーリンク
スピード違反の取締りから逃れることはできる?

ネズミ捕りは停止係が追跡係を兼任

追尾式によるスピード違反の取り締まりは、背後に迫ったパトカーや白バイが点灯させる赤色灯で初めて気付くケースがほとんどです。交通取り締まり用のパトカーはハイパワーモデル。すでに追尾されているため逃げることはほぼ不可能でしょう。

ネズミ捕りの場合、停止係の制止を振り切って逃げるクルマがいることが予想されます。そこで警察官は、追いかけて捕まえるためにパトカーや白バイを周囲に待機させているのが通常。追跡係は停止係が兼任することがほとんどです。

このため、ネズミ捕りのスピード違反取り締まりから逃走すれば、赤色灯を回したパトカーや白バイに追われることになります。スピード違反に覚えがない場合は、逃げずにしっかり否認することが大切。また、違反キップのサインはスピード違反を認めたことになります。不服であればサイン拒否しても構わないのです。

オービスの場合、呼び出しの通知はナンバーから判明したクルマの持ち主へ届くシステム。その所有者が知らん顔したり、警察から電話があっても「撮影された日時に、誰が運転していたか分からない」などと突っぱねたりすると、警察は困り果ててしまいます。

オービスは否定しても逮捕の可能性

しかし、オービスで撮影された写真には、スピード違反のクルマ全体がやや斜めから写った状態。写真はモノクロですが、ナンバープレートもフロントガラスの内側もきれいに収められています。

また、クルマ全体の写真の他に、ナンバープレートや運転者の顔部分を拡大したアップ写真が添えられる場合もあるのです。加えて、そこには年月日、写真番号、制限速度、測定値などのデータが焼き付けられています。これは、後から手動で入れるのではなく、データが表示された状態で撮影するのです。

だからオービスは信頼できると、逮捕状を発布する裁判官は考えます。このため、本人が否定したとしても、写真を元に違反者を特定して逮捕することも…。逮捕を臭わせた郵便や電話が何度もあって違反者は仕方なく出頭するケースがほとんどのようです。

■「スピード違反」おすすめ記事
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?
LHシステムは全国的に配備が進むオービスの主流
オービス検知アプリは新型オービスにもすぐ対応
各地で導入される移動式オービスは可搬式が多い
新型オービスの登場で変わる速度取り締まり対策
ネズミ捕りフラグは道路脇に置かれたパイロン
スピード違反のネズミ捕りを察知する5つの方法
高速ではスピード違反に加えて通行帯違反に注意

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事