ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

駐車違反ステッカーは放置しておいて問題ナシ?

黄色い駐車違反ステッカーがフロントガラスに貼られているクルマを見かけたことがあるはず。ただし、駐車違反ステッカーの正しい対処方法は意外に知られていません。じつは駐車違反ステッカーは放置しておいても問題なし。その場でビリビリに破り捨てても、とくにお咎めはないのでした。


スポンサーリンク
駐車違反ステッカーは放置しておいて問題ナシ?

駐車違反ステッカーの正しい対処

駐車違反ステッカーの正式名称は「放置車両確認標章」です。ポイントは、駐車違反ステッカーそのものは違反キップではないということ。そして、確認されているのが「放置車両」ということです。

違反キップの場合、ビリビリに破り捨てると大問題。公務執行妨害罪や公用文書等毀棄罪で起訴されるケースもあります。とはいえ、駐車違反ステッカーは放置車両を確認したという標章でしかありません。

放置車両とは、運転者が車両を離れて直ちに運転できない状態の違法駐車のこと。2006年にスタートした駐車監視員制度によって、この放置車両の現認を警察官や交通巡視員に加えて、駐車監視員ができるようになりました。

そして、新制度では駐車違反ステッカーが貼られても警察へ出頭することなく、クルマの持ち主として放置違反金を払えば手続きは終了。違反キップは切られず違反点数も付きません。

駐車違反ステッカーで警察に出頭

実際、駐車違反ステッカーには「警察へ出頭せよ」という記載は一切ナシ。貼られても放置していると、ナンバーから判明した車両の持ち主へ警察から「放置違反金」の納付書が届きます。

金額は通常の反則金と同額。これを払えば違反処理は終了です。ところが、そうとは知らず警察へ出頭する人がいます。違反者が出頭すれば、警察は基本的に青キップを切って「反則金」の納付書を渡さざるをえません。

そして、青キップを切られれば違反内容によって1~3点の違反点数も付いてきます。すると、免許停止などの行政処分や次の免許更新に影響してしまうわけです。

ただし、半年間に複数回の駐車違反を繰り返すと、所有者責任としてクルマの使用制限命令が出ることもあります。駐車違反は迷惑なだけでなく危険を伴うことがあるもの。交通ルールをしっかり守りましょう。

■「駐車違反」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
路上駐車をしても駐車監視員がスルーする場所
路上駐車をしても取り締まれない場所は私有地?
駐車禁止区域に駐車しても違反が除外された事例

■「交通違反」おすすめ記事
交通違反の赤キップと青キップの違いとは?
交通違反の点数は減点ではなく加点するシステム
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
一時停止違反は証拠がないと警察は立証できない
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事