ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

職質で持っていると面倒なことになるモノリスト

警察による職質はなるべく避けたいもの。何かの都合でエアガンやナイフなどを持っている時にはなおさらです。しかし、職質ではヘアピンやガムテープなど意外なモノで犯罪の疑いをかけられることがあります。そこで、職質で持っていると面倒なことになるモノリストを紹介しましょう。


スポンサーリンク
職質で持っていると面倒なことになるモノリスト

職質で持っていると面倒な懐中電灯

職質時にエアガンを所持しているだけで、現在では危険人物とみなされます。また、銃刀法には「刃体の長さが6cmを超える刃物を携帯してはならない」という明文が存在。ナイフや包丁を持っていても職質時には厄介なことになるでしょう。ナイフや包丁は購入して家に持ち帰る状態なら問題ありません。

そんな中、ナイフが付いた「マルチツール」は要注意。軽犯罪法で刃渡り6cm未満でも狙われるからです。“刃物の携帯”に理由が無ければアウト。同じ意味では「カッターナイフ」の所持にも正当な理由を考えておく必要があります。

「LEDライト」や「懐中電灯」も職質時に所持していると面倒になるモノ。正当な理由がない限り、ライトの携帯は警察官の判断で署に連れて行かれる可能性もあります。住居侵入や武器にもなるので危険物扱いです。

職質時に必然性の無い所持はアウト

「ヘアピン」も職質時には気を付けたいアイテム。ピッキングツール代わりになるとみなされるからです。特に大量に所持していると疑われます。また、住宅の侵入に使われるとして「マイナスドライバー」は、ピッキングツールと同じような扱い。ちなみに、プラスドライバーはセーフです。

「釘抜き」は武器や住居侵入に使えるため、バール同様に窃盗団の必須アイテム。「ロープ」や「ガムテープ」は強盗や誘拐で使われると想定されます。「工具箱」も武器や住居侵入に使えることから、職質時に必然性の無い所持はアウトです。

夜間帯の「双眼鏡」の所持は、住居のノゾキや下着泥棒の下見と疑われる可能性大。なるべく携帯は控えたいところです。このほか「防犯スプレー」など護身グッズ全般にいえることですが、携帯は軽犯罪法に抵触します。なお、自宅などでの所持はOKです。

■「職質」おすすめ記事
警察の職務質問でやってはいけないNG行動2つ
職務質問は警察官の階級章で話す相手を見極める
職質の「照会」で自分がどんな容疑かを知る方法

■「警察」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
警察官は階級で国家公務員か地方公務員か変わる
警察用語で「まぐろ」と「たたき」は何の意味?
警察の特殊部隊「SIT」と「SAT」の違いとは
覆面パトカー追尾や検問を警察無線から知る方法
警視庁と警察庁は何が違う?警察組織を理解する

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事