ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LHシステムのオービス設置パターンは複数ある

無人式のスピード取り締まり装置「オービス」で現在、設置台数を急速に増やしているのが東京航空計器が提供する「LHシステム」です。老朽化したレーダー式オービスやHシステムからの置換も進んでいます。ただし、LHシステムは設置パターンが複数あるオービスであるため注意が必要なのでした。


スポンサーリンク
LHシステムのオービス設置パターンは複数ある

LHシステムが1本の支柱に1組だけ

2018年3月、藤枝PAランプを過ぎてすぐの140.6KP付近にLHシステムが新設されました。奇しくも下り線側にLHシステムが設置されている場所で、下り線のように電光表示板を載せたアーチ型支柱への併設ではありません。

下り線側とほぼ同じ場所に設置された上り線側のLHシステムは、1本の支柱にカメラとストロボが1組だけ設置。第3通行帯(追い越し車線)を狙っています。このように、LHシステムにはさまざまな設置パターンがあるのです。

LHシステムは、アスファルト内にループコイル(静電容量センサー)を3.45mの等間隔に埋設してインダクタンスの変化で車速を計測。路上に設置された赤外線ストロボとCCDカメラで違反者を撮影する仕組みです。

ループコイルは、記録部の手前のアスファルト内に埋設。溝を切って埋め込まれているため、事前情報なしに目視のみで把握することはできません。LHシステムの存在を認識できるのは、路上に設置された赤外線ストロボとCCDカメラです。

LHシステムは設置パターンが複数

LHシステムが設置される支柱には、F型やアーチ型などがあります。ただし、外観上は赤外線ストロボとCCDカメラが並んでいるだけ。このため、NシステムやTシステムなどの路上の監視カメラとよく混同されます。

紛らわしい路上カメラとLHシステムを見分けるポイントは、赤色灯付きの制御ボックスがあることです。ただし、問題はLHシステムには設置パターンが複数あること。制御ボックスや赤色灯が見つけにくい場合があるのです。

例えば、既存の道路情報表示機の支柱にLHシステムが設置されているケース。赤色灯が付いた制御ボックスが電光掲示板の裏に隠れる形で設置されています。また、赤色灯が制御ボックスとは別の支柱の上に設置されていることもあるのです。

トンネル内にもLHシステムが設置されているケースもあります。首都高速の中央環状線の山手トンネル内には2か所、LHシステムが設置されているのでした。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事