ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

飲酒して酒気帯び運転の数値以下になる時間は?

「飲んだら乗るな」「乗るなら飲むな」は小学生でも知っている常識です。酒酔い運転なら5年以下の懲役または100万円以下の罰金、酒気帯びでも3年以下の懲役または50万円以下の罰金という、厳しい罰則が設けられています。ところで、飲酒して酒気帯び運転の数値以下になる時間はどれくらいなのでしょう?


スポンサーリンク
飲酒して酒気帯び運転の数値以下になる時間は?

酒気帯び運転のアルコールの基準値

前日に飲んだお酒が抜けずにうっかり酒気帯び運転…そんな事態を回避するのに役立つのがアルコール検知器です。このアルコール検知器を使って、飲酒して酒気帯び運転の基準値以下になる時間を計測してみました。

実験方法は、30分程度かけてビール500ml缶1本を飲酒し、呼気中のアルコール濃度を測定。その後、15分ごとの数値を記録してアルコール濃度の低下を計測します。被験者は編集部員(35歳)で、飲酒頻度は週2~3回程度。アルコール検知器は、官公庁などでも採用される中央自動車工業のソシアックα「SC-402」を使用します。

なお、酒気帯び運転は呼気1リットル中のアルコール量が0.15mg以上が基準値。酒気帯び運転でも体内に保有するアルコール量によって、違反の重さが異なります。具体的には、アルコール量が0.15以上0.25mg未満の場合の違反点数は13点。これがアルコール量0.25mg以上になると違反店は25点です。

酒気帯び運転の基準値に2時間以上

さっそく飲酒したのち、ジュースやサプリを一切口にせず、自然にアルコールが分解される推移をチェック。30分程度で0.25mgを切りましたが、酒気帯び運転の基準値である0.15mg以下になるまでに2時間以上かかりました。

ちなみに、飲酒後にオレンジジュース450mlを飲んだ時のアルコール量の推移も計測。オレンジジュースに含まれる果糖は体内への吸収が早く、また各種ビタミンは二日酔いなどに効果があるといわれています。

確かに飲んだ後はスッキリとして、酔いが覚めているように感じますが、何も飲んでいない時と比べて120分後の低下率の差は微妙。今回の実験では大きな効果は得られませんでした。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事