ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

高速のパトカー取締り2つの行動パターンを把握

高速道路や有料道路を管轄する高速隊(高速道路交通警察隊)で使用している車両は、主に白黒パトカーと覆面パトカー。インターチェンジに併設された本隊もしくは分駐に配備され、速度違反などを取り締まります。高速隊のパトカーならではのスピード違反の取り締まりパターンを見ていきましょう。


スポンサーリンク
高速のパトカー取締り2つの行動パターンを把握

分駐付近は覆面パトカーに注意する

高速道路を管轄する高速隊のパトカーは、基本的には「分駐」と呼ばれる現場事務所に配備されています。例えば、新東名なら浜北分駐・新静岡分駐・長泉分駐の3か所。すべてIC出入り口のすぐ脇に位置しています。

高速道路では、とにかく高速隊の分駐があるICを通過する時には要注意。ここから本線に合流してきたクラウンは、覆面パトカーの可能性が高いからです。

高速隊が使用するパトカーは、白黒パトカーも覆面パトカーもトヨタ・クラウンがメイン。型式は先代の200系が中心で、先々代の180系と現行の210系も見られます。

ただし、高速隊のパトカーはクラウンばかりとは限りません。警視庁の高速隊には日産自動車のスポーツカー・フェアレディZ NISMOを配備。栃木県警はフェアレディZのほか、日産のGT-R NISMOも採用しています。

パトカーは走行車線を大人しく流す

パトカーの車種が分かっても、行動パターンを知らなければ注意しようがありません。そこで、高速道路で行われる取り締まりの様子を解説しましょう。

まず、白黒パトカーも覆面パトカーも走行車線を大人しく流し、気づかずに追い抜いていった車両を追尾するのが基本戦術。追い抜いていった車両を追尾してスピード違反を確認すると、パトサインでSAやICに誘導します。

そして、一定区間を走ると料金所を出てすぐにUターンして反対車線へ戻ります。分駐のあるIC出口で頻繁に見られる光景です。交通量が多い時は白黒パトカーが赤色灯を点けながら100km/hでゆっくり流して周囲に自重を促すこともあります。

サービスエリアなどの出口付近で待ち伏せするのも、高速道路でのパトカーの取り締まりパターンの1つ。ただし、待ち伏せ停車から猛ダッシュで追跡は、新東名ではあまり見かけられないなど地域性もあります。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事