ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

新型オービスはレーザー測定する可搬式が急増中

オービスとは、無人式の速度違反取り締まり装置のこと。このオービスに今、2つの大きな変化が起こっています。1つは、新型オービスと呼ばれる半可搬式/可搬式の導入。もう1つが、レーザーによる速度測定の登場です。この2つの大きな変化を形にしたのが可搬式の新型オービスが全国で急増しています。


スポンサーリンク
新型オービスはレーザー測定する可搬式が急増中

新型オービスにレーザー速度が導入

従来までのオービスは大掛かりな工事が必要で、高速道路や幹線道路に設置されることがほとんどでした。一方、近年の課題となっているのが、通学路など生活道路での事故対策。そこで登場したのが「新型オービス」です。

新型オービスは当初「固定式・半可搬式・可搬式」の3タイプがありました。固定式は標識のようにポールを埋めて設置するタイプ。半可搬式はトラックなどで移動します。可搬式は三脚に載せて使用するタイプで、分解して移動が可能です。

そして、新型オービスのうち可搬式と半可搬式の新型オービスにはレーザーによる速度測定が導入されています。東京航空計器が製造する可搬式の「LSM-300」と、半可搬式の「LSM-300-HK」です。

可搬式の新型オービス目撃例が続出

どちらの新型ーオービスも、撮影部は基本的には「ストロボ・カメラ・レーザースキャンセンサー」という構成。半可搬式には、小さく照準用カメラの開口部が見えますが、仕様はほとんど変わりません。

新型オービスのレーザーによる車両検知区間は「30mから70m」、速度違反の判定区間は「25mから30m」、撮影ポイントは「20m」です。なお、半可搬式の新型オービスの重量は重く、移動させるには600kgに耐えうる台車などが必要になります。

そして、全国で続々と導入されている新型オービスが可搬式の「LSM-300」です。当初、学校周辺の生活道路などで運用という話があったものの、フタを開けてみると幹線道路などでも目撃例が続出。高速道路での取り締まりも報告されているのです。常に制限速度を守って安全運転を心がけましょう。(写真/オービスガイド)

■「新型オービス」おすすめ記事
新型オービスの登場で変わる速度取り締まり対策
オービス検知アプリは新型オービスにもすぐ対応

■「オービス」おすすめ記事
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?
オービスの種類と特徴はしっかり頭に入れておく
LHシステムは全国的に配備が進むオービスの主流
Nシステムは通行車両のナンバープレートを撮影

■「スピード違反」おすすめ記事
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
スピード違反のネズミ捕りを察知する5つの方法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事