ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察による覚せい剤の検出はどこまで正確なのか

芸能人などが覚せい剤で逮捕される事件がよくマスコミを賑わせています。そんな報道で目にするのが、警察による尿検査で覚せい剤の陽性反応が出たというもの。中には、覚せい剤が検出されても一貫して否認するケースもあります。はたして、警察の覚せい剤の検出はどこまで正確なのでしょうか?


警察による覚せい剤の検出はどこまで正確なのか

警察の科学捜査研究所は正確に分析

元埼玉県警科学捜査研究所の乱用薬物課長で、現在は法科学研究センターの所長である雨宮正欣氏は、23年間の勤務で鑑定経験は5,000件以上といいます。警察の覚せい剤の検出がどのように行われるかを聞いてみました。

「まず違法な薬物に試薬を垂らして色に変化が現れたらクロというような試験をイメージされるでしょうが、違います。それは現場の鑑識レベルで行う簡易的な分析で、科学捜査研究所ではより精密に成分分析を行うのです」とのことです。

例えば「尿検査で覚せい剤が出た」と警察が発表したとしましょう。そうなると「その容疑者は100%クロと断言できます。科学捜査研究所では、そこまで正確に分析できるのです」といいます。

具体的な覚せい剤分析はどのように行うのでしょう。「使用前の粉末状の場合と使用後の尿を分析する場合の2通りがあります。尿検査の分析は『GC-MS』(ガスクロマトグラフ質量分析)という方法。尿などの代謝物から成分を分離して、質量パターンから化合物を特定(同定)します」とのことです。

警察の尿検査で出た覚せい剤反応

覚せい剤の陽性反応は、使用してからどれくらいで出るのでしょう。「尿検査での反応は使用後、数分くらいで。期間は人によりますが、大体1~2週間は成分が検出されます。3日以内なら必ず出ますね」とのことでした。

警察の尿検査で出た覚せい剤反応が、サプリなどの摂取によるものだと否認するケースもありますが…。「覚せい剤というのは、2種類の化合物しかありません。メタンフェタミンとアンフェタミンです。覚せい剤が検出されたというと、この2種類のどちらかが出たということ」です。

そして「日本の覚せい剤の99.9%がメタンフェタミンです。メタンフェタミン使用者の尿からアンフェタミンも検出されます。ただし、風邪薬やサプリから覚せい剤反応が出ることはありません」といいます。

「唯一、パーキンソン病治療の薬を飲んだ患者の尿からもメタンフェタミンが検出される例があります」とのこと。しかし、これは処方薬で記録も残るため判別可能。すなわち、警察が覚せい剤の陽性反応が出たということは「ほぼ間違いないでしょう。これは大麻など他の違法薬物についても言えます」と答えてくれました。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事