ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

要人警護のSPを見たらチェックしたいポイント

映画化もされた人気ドラマで、その存在が広く知れ渡った「SP(エスピー)」。SPとは、国内外の要人の警護を担うセキュリティポリスの略です。常にVIPのそばを離れないSPは、身なりに気をつけなければならないため基本はスーツ。そんな要人警護のSPのスーツでチェックしたいポイントを見ていきます。


要人警護のSPを見たらチェックしたいポイント

SPは警視庁警備部警護課に所属

SPとは、要人を護衛をする警察官すべてを指す言葉ではありません。実は、警視庁警備部警護課に所属する警官のみがSPです。内閣総理大臣を担当する警護第一係、国務大臣を担当する警護第二係、来日した国賓を警護する警護第三係、その他の要人を対象とする警護第四係に分かれています。

警視庁には総理大臣官邸警備隊という部隊も存在しますが、こちらの任務は人ではなく官邸の警備。やはりSPとは呼ばれません。

このほか、天皇皇后両陛下や皇族の警護は皇宮護衛官が担当。所属は警視庁の付属機関である皇宮警察本部です。警視庁警備部にも「警衛課」という皇室対象の部署は設けられていますが、任務は皇族の移動の際の安全確保や交通規制になります。

SPは常に要人のかたわらにいるため、身なりには気をつけなければなりません。SPの服装はスーツにネクタイは当たり前です。

SPは上着のボタンを外している

そんなSPのスーツでチェックしたいのが、上着のボタンを外していること。これは、いざというときに素早く腰や脇に携帯している装備品を取り出すため。スーツを着ていても、あえてボタンは留めていません。

また、ネクタイは「SP」の文字デザインが抜かれた赤色が基本。なお、クールビズの普及にともない夏場はノーネクタイも認められています。スーツの襟には「SP」と書かれたバッジを装着。偽造防止用に不定期にカラーが変更されています。

スーツ以外では、防弾アタッシュケースや防護板、防弾コートなどを装備。拳銃は「SIG P230JP」が愛用されています。SIG社製の32口径小型オートマチックで、1995年頃から配備開始。SP専用というわけではなく、一部の制服警察官や私服警察官にも支給されています。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事