ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察官は巡査になって給料もらいながら警察学校

警察官は採用されれば即、1人の警察官として認められます。しかし、そこからものすごく厳しい競争社会が始まるのです。その最初のハードルとなるのが警察学校になります。とはいえ、警察学校へ入校した時点で警察官としての扱いを受けるため、毎月の給料は支給されながら全寮制の警察学校へ通うのです。


スポンサーリンク
警察官は巡査になって給料もらいながら警察学校

警察学校では全員が段位を取得する

警察官になるためにはまず、都道府県の実施する採用試験をパスしなければなりません。試験では運動能力をテストする体力測定もあります。とはいえ、一般的な運動能力があれば体力面を問題とされて落とされることはほとんどないそうです。

試験を突破したら、まず「巡査」を拝命し、警察学校に通います。警察学校は全寮制で、大卒ならば6か月、高卒・短大卒ならば10か月間。この期間で、警察官としての基礎を身に付けるのです。

警察学校ではランニングなどで基礎体力をつけながら、同時に柔道や剣道では在学中に全員が段位を取得。また、刑法や刑事訴訟法などの法律知識、IT技術や語学なども学びます。自由時間はほとんどなく、途中で脱落する者も多い警察学校生活ですが、これを乗り越えて体力面・精神面ともに1人前の警察官に成長するのです。

警察学校を卒業すると「卒業配置」

とある警察学校の1日の流れを見てみましょう。6時起床で6時半にランニング。その後に掃除、朝食で、午前に90分授業が2コマ、お昼を挟んで授業が2コマあり、17時頃に国歌斉唱して終了です。その後は自由時間で、各自勉強したり運動したり、それぞれの時間を過ごします。

警察学校を卒業すると「卒業配置」といい、各都道府県の管轄警察署に配属されます。学校での成績順に都市部の重要警察署に配属されますが、卒業配置後の任務内容は全員同じです。まずは地域課に所属して交番のおまわりさんからスタート。男女ともに交番勤務から警察官としての人生が始まります。

その後、県警によっては刑事・交通・生活安全などの各部署を回って経験を積むこともあります。ここで、学校で学んだ知識を活かしつつ、現場の厳しさを実感していくことになるのです。

卒業配置後の勤務は約8か月。その後再び警察学校で総括的な学習を行い、再度卒業配置時の警察署に戻って、ようやく1人前の警察官になるのです。ここで1年から2年程度交番勤務を続けた後、それぞれの道へと進んでいきます。

■「警察官」おすすめ記事
職務質問は警察官の階級章で話す相手を見極める
警察官の制服は「夏服・合い・冬服」3種が基本
よくある警察キャリアとノンキャリの確執はウソ
ノンキャリアの警察官の厳しい出世競争と退職金
婦警さんが合コンに職業を隠して参加する理由

■「警察」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
公安警察はデモや集会に私服で必ず張っている
警察用語で「まぐろ」と「たたき」は何の意味?
警察の特殊部隊「SIT」と「SAT」の違いとは

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事