ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

オービスに撮られると事後の手続きが大変だった

スピード違反の取り締まりといえば、高速道路や幹線道路に設置された無人式の取り締まり装置「オービス」を思い浮かべる人も多いでしょう。このオービスにもし撮影されたら、どんな流れで処理されていくのでしょう。一言でいうと、とにかくさまざま手続きが必要で、時間と労力がかかって大変です。


オービスに撮られると事後の手続きが大変だった

オービスなら1~2週間で呼び出し

いわゆるオービスは「レーダー」や「ループコイル」を使ってスピードを測り、違反車両の場合はカメラで撮影します。運転中に赤く強烈に光ったという場合、オービスに撮られたと考えるのが一般的です。

それが、まさしくオービスであったなら1~2週間で警察から呼び出しのお知らせ「出頭命令通知」が届きます。送付先はナンバー情報から調べた住所、つまり違反車両の所有者宛て。出頭先は撮影したオービスを管轄する警察署となりますが、変更は可能です。

通知内容に従って警察に出頭すると、走行スピードが記録されたオービスの写真が提示され、違反事実を確認。認めてサインすればキップを切られます。

オービスに撮影されると赤キップ

オービスが撮影するのは、超過速度が30km/h以上(高速道路では40km/h以上)のスピード違反なので、渡される違反キップは赤キップです。その後、交通裁判所から呼び出され、略式の裁判手続きにより上限10万円の罰金を支払います。

これで刑事処分は終了ですが、行政処分も受けなければなりません。違反点数は6点以上なので、免許停止は確実。免許センターなどから呼び出され、免許停止や免許取り消しといった措置を受けることになるのです。

つまり、オービスに撮られると事後の手続きがとんでもなく面倒ということ。安全運転を心がけた方が、いろいろな意味でお得というわけです。交通ルールはしっかり守りましょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事