ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

駐車違反で「差し押さえ」になるケースがある?

駐車違反の取り締まり方法が根本的に変わったのは2006年の6月です。駐車違反をしたら警察に出頭させるのではなく、違反を現認したら車両の持ち主に「放置違反金」を支払わせるシステムに変更。基本的に、駐車違反では点数が付きません。ただし、駐車違反で「差し押さえ」になるケースもあるのです。


駐車違反で「差し押さえ」になるケースがある?

駐車違反で届く放置違反金の納付書

それまでの駐車違反の取り締まりは、警察に出頭しないと外せないはカギ付きのステッカーを車両に取り付けるスタイル。ドライバーは警察に出頭してステッカーを外してもらい、同時に違反キップを受け取っていました。

それが現在は、駐車違反の現認したら駐車違反ステッカーをフロントウィンドウなどに貼り付けるスタイル。ナンバーから判明した車両の持ち主に、後日「放置違反金」の納付書が届くようになっています。

ここで放置違反金を支払ってしまえば、駐車違反の手続きは終了です。違反キップを切られていないため、運転免許の違反点数は加算もされません。ゴールド免許もそのままです。

放置違反金の滞納で「差し押さえ」

ただし、ここで放置違反金を支払わないでいると、公安委員会が納付命令を行います。それでも放置違反金を支払わないでいると届くのが督促状です。ここまで来ると、さまざまな問題が起こります。

まず督促状が送付されると、駐車違反ステッカーを貼られた車両は、放置違反金の納付があるまでは車検証の更新ができなくなります。これは車検拒否制度と呼ばれるものです。

さらに、督促されても放置違反金を納付しない時は「差し押さえ」となる場合があります。実際、2017年度中に放置違反金を納付しなかった人への滞納処分の件数は14,933件です。ちなみに、車検拒否は18,824件ありました。

このほか、放置違反金の納付命令を繰り返し受ける常習違反者には、違反車両を運転できなくなる「使用制限命令」が出ることもあります。こちらは2,794件実施されました。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事