ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

駐車違反をしても監視員が処理しないケースとは

警視庁及び各都道府県警察の交通取締課職員や駐車監視員の指導者教育に用いられるのが「警察大学校研修資料」。この研修資料には、不当な駐車違反の取り締まりを回避するヒントにあふれています。例えば「監視員が違反処理を行わない状況はありますか?」という項目。事情通に資料を読み込んでもらいました。


駐車違反をしても監視員が処理しないケースとは

駐車違反で監視員が処理しない状況

警察大学校研修資料は、交通取締課職員や駐車監視員が市民とのトラブルを回避し、円滑に駐車違反の取り締まりを行うことを目的としたもの。監修は、警察庁交通局交通規制課と警察大学校交通教養部となっています。

研修資料はQ&A形式の構成。具体的には「駐車標章が貼られても違反から除外されるケースにはどのような場合がありますか?」という項目に対し、回答は「監視員の書き損じが大半。車両ナンバー・場所・時刻・駐車監視員の名前…」と書かれています。

確かに駐車違反の取り締まりで車両ナンバーが違っていると致命的。車両の所有者に連絡できません。ただし、住所表記などは「◯◯付近」となっており、1文字間違っていたからといっても必ず取り消しになるわけではありません。

「監視員が違反処理を行わない状況はありますか?」という項目の回答は「運転者が車両に乗車または降車していることを目視していた場合、直後に無人車両となっても同じ箇所での確認作業は行われない」とあります。

駐車違反を別の組がチェックする

すなわち、路上駐車した際に駐車監視員と目が合えば違反処理されないということ。さらに、監視員と会話でもすれば完璧といわれています。

とはいえ、その監視員は違反処理を行わなくても、別の組に電話して駐車違反をチェックさせるケースもあるようです。言葉を交わしたからといって、駐車違反の取り締まりから逃れられるわけではありません。

同じ項目の回答に「監視員はパーキングメーター駐車枠に駐車している車両は、一定時間対象にしない」との記載がありました。60分パーキングなら、59分間未納でも違反処理しないといわれています。

なお、料金を払わずにパーキングメーターの駐車枠から出し入れを繰り返して駐車違反の取り締まりから逃れる人もいるでしょう。この場合、他の車両が駐車するのを邪魔する悪質な行為だとして、業務妨害とみなされる可能性があります。

とはいえ、駐車違反は渋滞や事故の原因。駐車違反ステッカーが貼られることのないように、交通ルールをしっかり守りましょう。

■「駐車違反」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐禁ステッカーは破り捨てても何の問題もない
路上駐車をしても違反キップを切られない場所
駐車違反「放置車両確認標章」で確認すべきこと

■「交通違反」おすすめ記事
交通違反の赤キップと青キップの違いとは?
交通違反の点数は減点ではなく加点するシステム
一時停止違反は証拠がないと警察は立証できない
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事