ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

メーカー撤退が相次ぐオービスはどこへ向かう?

オービスとは、路上に設置されたカメラと赤外線ストロボで自動撮影する無人式の速度違反取り締まり装置のこと。日本に初めて登場したのは1970年代まで遡ります。当初はループコイルによる速度測定でしたが、後にレーダー式が主流になりました。しかし、相次ぐメーカーの撤退でオービスは過渡期を迎えています。


メーカー撤退が相次ぐオービスはどこへ向かう?

オービスはレーダー式が広く普及

無人式の速度違反取り締まり装置を「オービス」と呼ぶのは、1970年代にアメリカから輸入されたループコイル式の「オービス(ORBIS)Ⅲ」という製品名に由来します。ORBISとは、ラテン語で「眼」という意味です。

オービスⅢの開発元はアメリカ・ボーイング社ですが、精密機器メーカーの東京航空計器がパテントを取得して輸入しました。これ以降、無人式の取り締まり装置は「オービス」と呼ばれるようになったわけです。

その後、無人式の速度違反の取り締まり装置は10.525GHzのレーダー波で車速を測る「レーダー式オービス」が広く普及します。レーダー式オービスは、旧松下通信工業や三菱電機といったメーカーが製造していました。

1992年には正方形の白い“はんぺんアンテナ”が特徴の「Hシステム」が三菱電機から登場。正式名称は「高速走行抑止システム」です。初めて導入された場所が阪神高速道路。Hシステムと呼ばれているのは「阪神」に由来しています。

全国配備のオービスはLHシステム

しかし、旧松下通信工業や三菱電機といったメーカーが相次いでオービスの製造から撤退。近年の主流は道路に埋め込まれたループコイルで速度を測定する「ループコイル式オービス」となっています。

そんな中、全国的に配備が進むオービスが東京航空計器の「LHシステム」です。LHシステムは“ループコイル(Loop Coil)式”の「L」と「Hシステム」を組み合わせたもの。“ループコイル式の高速走行抑止システム”という意味です。

そして、オービスの最新トレンドが「新型オービス」。三脚に設置する可搬式の新型オービスは、東京航空計器の「LSM-300」が全国に着々と配備されています。ちなみに、LSM-300の速度測定方式はレーザー式。今後はレーザー式の新型オービスによる速度違反取り締まりが増えていくことが予想されています。

■「オービス」おすすめ記事
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?
オービス検知アプリは新型オービスにもすぐ対応
オービスの種類と特徴はしっかり頭に入れておく
オービスの主流「LHシステム」のLHは何の略?
新型オービスの登場で変わる速度取り締まり対策
オービス取締りは「撮影に関する制限」があった
Nシステムは通行車両のナンバープレートを撮影
全国のN端末を網羅した「Nシステムマップ」とは

■「速度違反」おすすめ記事
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事