ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

レーザー式の新型オービスにも対応できるアプリ

レーダー探知機といえば、レーダー式オービスの存在をいち早くキャッチしてくれる、ドライバーにとっては心強いアイテムです。しかし、最近は“レーザー式”の新型オービスが登場したことで、これまでのように検知できないシーンも増えてきています。そこで、レーザー式にも対応するオービスアプリを紹介しましょう。


レーザー式の新型オービスにも対応できるアプリ

オービスアプリで検問ポイント共有

レーザー式の新型オービスの登場で注目を集めているのが、GPSで付近のオービスを知らせてくれるスマホアプリです。「オービスガイド」はマップ上に登録された、オービス情報を音声で知らせてくれるナビアプリ。iOS、Android対応です。

オービスガイドは既存のオービス情報はもちろん、移動式オービスの設置地点やネズミ捕りエリア、検問ポイントなどがユーザーによって随時共有されるため、常に最新の情報を走行しながらにして入手できるのです。

近年、導入が進む東京航空計器の「LSM-300」をはじめとした可搬型の新型オービスも、地図上に設置情報が登録されていればGPSによる検知が可能。また、これまでとは異なる周波数を使う定置式の新型オービス「SWSS」もGPSで対応可能です。

オービスアプリの「つぶやき」機能

オービスガイドはオービスデータを600件以上を収録。一般的なメーカー製のレーダー探知機は、SDカードなどを使って手動でデータの更新をする必要がありますが、当然ながらスマホアプリのデータは自動で更新されます。

また、音声による通知は取り締まりポイントの2km前から、オービスの種類・制限速度・カメラの位置などをアナウンス。ポイント通過後は、通過時の速度を通知してくれます。

地図上のオービスアイコンにタッチすれば、設置状況や通過時の動画などを確認可能。さらに「つぶやき」機能をONにすれば、他ユーザーのつぶやきを文字と音声で知らせしてくれます。周辺の検問や移動式オービスもいち早くキャッチできるでしょう。

■「オービスアプリ」おすすめ記事
オービス検知アプリは新型オービスにもすぐ対応

■「オービス」おすすめ記事
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?
オービスの種類と特徴はしっかり頭に入れておく
オービスの主流「LHシステム」のLHは何の略?
新型オービスの登場で変わる速度取り締まり対策
オービス取締りは「撮影に関する制限」があった
Nシステムは通行車両のナンバープレートを撮影
全国のN端末を網羅した「Nシステムマップ」とは

■「速度違反」おすすめ記事
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事