ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ややこしい職務質問になりそうな警官の見分け方

職務質問は犯罪抑止や捜査の端緒のために行われる警察官の職務。どういう人が職務質問の対象になってどんな質問をするかは現場の警察官に委ねられます。中には、必死になって職務質問をしてくる警察官も存在するのです。そんなややこしい職務質問になりそうな警察官の見分け方を紹介しましょう。


ややこしい職務質問になりそうな警官の見分け方

職務質問は上官と交渉した方がよい

職務質問は基本的に警察官2人組で行われるもの。どちらか一方は必ず上官です。職務質問を受けて話がこじれたら、階級が上の警察官と交渉した方が事態を納めやすいでしょう。警察は階級制なので上官には逆らえないからです。

このため、9つある階級章を見抜いてしまえば、職務質問でどちらの警察官に権限があるのか分かります。警察官の階級章を識別するポイントは「地色」と下の「草の色」、左右の「バーの数」。階級章が派手であるほど偉くなります。

階級が1番下の「巡査」の階級章は最もシンプル。地色は銀、葉の色も銀、金色のバーの数は1本です。1つ上の「巡査長」になるとバーの数が2本に増えます。バーの数が3本になると「巡査部長」となり、交番での役職は主任クラスです。

その上の階級になると今度は葉の色が銀から金に変わります。葉の色が金でバーの数が1本だと「警部補」、交番では交番所長クラスです。バーの数が2本に増えると「警部」、3本になると「警視」と、ここまでが地方公務員の階級です。

実績を上げるために必死に職務質問

さらに上となると、俗にキャリアといわれるクラスで国家公務員。階級章の地色が金になって、バーの数が1本だと「警視正」、2本になると「警視長」、3本で「警視監」になります。

このうち、現場に立って積極的に職務質問してくるのは、ほぼ銀一色の階級章を付けた巡査・巡査長・巡査部長です。職務質問で上官を見極めるポイントは、基本的にはバーの数ということになります。

また、交番勤務で実績を上げて勤務成績優秀者にならないと、巡査部長への昇任試験を受けられない巡査は、必死で職務質問してくるので要注意。さらに、30歳を過ぎた警察官で巡査長の場合もややこしい職務質問になりがちです。

というのも、警察官は2~3年間まじめに勤務を続ければ、巡査から巡査長に昇任。3~6年で巡査部長昇格試験を受けて巡査部長になります。巡査部長に昇任できなかったということで、職務質問では慎重に対応した方がよいでしょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事