ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察官の職務質問から早く解放されるテクニック

「職務質問」は、なぜか急いでいる時に限って呼び止められるから不思議です。とはいえ、職務質問にケンカ腰で応対するのは得策ではありません。警察官の戦闘モードのスイッチを押してしまうと、余計に職務質問に時間がかかってしまいます。そこで、警察官の職務質問から早く解放されるテクニックを紹介しましょう。


警察官の職務質問から早く解放されるテクニック

職務質問は不審点を探っていく作業

警察組織の中で「自動車警ら隊」は所轄の枠を越えて全域を警らするいわば職務質問のプロ。そんな警視庁地域部自動車警ら隊に所属していた元警察官に、職務質問から早く解放されるテクニックを聞きました。

そもそも職務質問とは「質問をしていくことで相手の不審点を探って行く作業」です。「基本的には、挙動が不審な人に行います。例えば、警察官と目が合った瞬間に視線を逸らす人、方向を変えてしまう人などです」といいます。

「まず“どちらに行かれますか?”という質問をして、目的地と方向が合っているかなどを確認します。答えが曖昧だったり方向が違ったりすると、住居侵入なども考えられる」というわけです。

「自ら隊は必ず警察官2名で職務質問をするので、怪しいとなれば1名が質問している間に、もう1名が免許証などから身元を照会します。前科があれば、質問をそれに合わせて変えて行きます」というのが職務質問の基本パターンです。

職務質問は逆に低姿勢でも疑われる

さらに「カバンやクルマのトランクを見せるように促すのです。その際、裁判例の範囲内で、バッグなどの持ち物を無理やり開けるような強制力はありません。しかし、あまりに不審だったり、拒否する場合は無線で応援を頼みます」と話します。

職務質問中に警察官が無線で応援を頼むと即、近場から大勢の警察官が集まり囲まれてしまいます。こんなに大事になると、警察官も意地になりやすいのです。そんな事態を避けるため、職務質問から早く解放されるテクニックはあるのでしょうか。

職務質問は「現場の警察官に委ねられています。なので一概には言えませんが、目を逸らしたりせず普通にしている方がいいと思います。逆に、あまりに協力的だったり低姿勢でも疑われます。落ち度が無ければ、堂々としていればいいのですから」と話してくれました。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事