ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

赤色以外の回転灯の色にはそれぞれ意味があった

パトカーや消防車などは天井に赤色回転灯が付いていますが、これとよく似たデザインで色だけ違うランプが天井に付いている車があります。高速道路を走るNEXCOのパトロール車が付けているのは黄色ですが、まれに緑色や青色などのランプを見かけることも。実は、この回転当灯の色にはそれぞれ意味があるのです。


スポンサーリンク
赤色以外の回転灯の色にはそれぞれ意味があった

赤色回転灯は警察・消防だけじゃない

回転灯のなかで一番おなじみなのは赤色で、これは緊急車両を意味しています。緊急車両とは、必要に応じて信号や制限速度・走行車線を無視して走ることができる車のこと。代表的なのが警察のパトカーや消防車・救急車ですが、ほかにもさまざまな緊急車両があります。

警察・消防・救急以外の赤色回転灯搭載車のうち、一番よく見かけるのが出動回数が多いドクターカーでしょう。これは、救急医療などで緊急に医師を派遣する際に使う車で、大学病院など拠点病院の多くが所有しています。

そして、停電やガス漏れ事故にそなえ、電力会社やガス会社は緊急出動用の車両を持っています。これにも赤色回転灯が取り付けられていて、いざというときは緊急走行が可能です。

超特大車が付ける緑色回転灯は激レア

黄色回転灯は、NEXCOや国土交通省が道路パトロールに使う車用の回転灯です。実は、このパトロール車は事故などが起きたときに緊急走行の必要があるため、黄色回転灯のなかに赤色回転灯も組み込まれています。当然、緊急走行に必要なサイレンも搭載します。

さまざまな色の回転灯のなかで、一番見る機会が少ないのが緑色でしょう。これは、鉄道車両など法律の限界を超える大きさの超特大貨物を輸送するときに使うもので、特別に許可をとったうえで走行中は緑色回転灯を付けることが義務づけられています。

緑色回転灯の車はそもそも走る機会が少ない上、交通量が少ない深夜などを選んで走行します。さらに、走行に合わせて交通規制も同時にかかるケースがほとんどなので、普通に道路を走っていて出会う機会が少ないのです。


スポンサーリンク

一般人でも使える回転灯の色も存在

そして、青色の回転灯は防犯パトロールカーの天井に搭載されるものです。防犯パトロールカーは、地域に住む有志団体が防犯のため青色回転灯などを自主的に装備し、パトロール活動のために街を巡回しています。

「青パト」とも呼ばれる防犯パトロールカーですが、別に警察のパトカーっぽい白黒塗装にする必要はありません。実際、普通の車に青色回転灯を付けたものも走っています。ただし、各都道府県の公安委員会への登録が必要です。

回転灯のなかで、一般人でも使えるのが紫色回転灯。これは天井に取り付けるのではなく、事故のときに車の後ろに置く三角反射板の代わりに使用するものです。夜間には三角反射板より見やすい、ということで安全のため持つ人が増えていて、通販サイトでも購入できます。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事