ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ステッカー貼付け後に駐車違反を除外された事例

駐車監視員は、駐車違反のステッカーを闇雲に貼り付けているわけではありません。駐車違反取り締まりの指導を受けて業務に当たっています。そして、その指導者教育に用いられる教科書が「警察大学校研修資料」です。そこには、駐車違反のステッカー貼付け後に駐車違反を除外された事例が掲載されていました。


スポンサーリンク
ステッカー貼付け後に駐車違反を除外された事例

駐車違反ステッカーには書き損じ

さっそく、警察大学校研修資料を駐車監視員制度に詳しい事情通に資料を読み解いてもらいます。まずは駐車違反ステッカー貼付け後に違反が除外される事例について見ていきましょう。

研修資料には「駐車標章が貼られても、違反から除外されるケースにはどのような場合がありますか?」という質問に対して、回答が「監視員の書き損じが大半。車両ナンバー・場所・時刻・駐車監視員の名前…」と掲載されていました。

つまり、駐車監視員の書き損じによって、駐車違反ステッカー貼付け後も違反から除外されるケースがあるということ。駐車違反ステッカーが貼られてしまった時は、場所や時刻などの記載事項を確認したほうがよいでしょう。

また、監視員が都合で別の者に入れ替わったのに、元の名前で端末にログインしたままといった事例もあるようです。ただし、監視員に資格者証の提示義務は無いので、確認するために「見せろ」と言っても応じない可能性があるでしょう

実際の駐車違反ステッカーの場所の表記は「◯◯付近道路」となっています。1文字間違っているからといって、必ず違反から除外されるわけではありません。

駐車違反ステッカーに新端末

このほか、駐車違反ステッカーの時刻のズレはまれに起こる現象。違反時刻に別の場所にいたことが証明できれば、違反から除外されるかもしれません。ただし、その対策として2017年から駐車監視員が使用するタブレットに時刻確認を強化した新端末が導入されています。

さらに、後部座席が極めて濃いスモークガラスやカーテンで目隠しがなされていると、車内で寝ていたという主張を覆す証拠が提示できず、駐車違反ステッカーが貼られても取り消されたというケースもあります。

ところが、カメラをスモークガラスに接写して撮影するようなツワモノが駐車監視員の中にもいるとのこと。スモークガラスだからいくらでも駐車違反の言い訳できると思うのは大間違いです。


スポンサーリンク

駐車違反ステッカーが腹痛で取消

研修資料には「めまいや吐き気、腹痛によりトイレに行ってた場合は?」という質問に「原則、除外されない」とあります。ただし、2012年の事例で「自家用車にて走行中、強い腹痛を催した運転者が、このままでは運転に支障を来すと判断。一般道路脇の店舗前に駐車禁止区域と知りつつ駐車しエンジンを切り降車した」という事例が掲載されていました。

事例はさらに続きます。「車両後方へ『トイレ中』『すぐに戻ります』などと書いた貼り紙をし、同店舗へ入り店員に事情を伝え、かつトイレ内から最寄の警察へ連絡をして状況を説明。数分後運転者が車両に戻ると駐車標章が貼られていたが、後日送付された弁明書にて詳細を記載、裏付けの捜査後公判に至ることなく違反が取り消された」と掲載されていました。

そこまでしていると、間に合わなくなることの方が心配になります。警察署の裁量にもよりますが、基本的には命に関わるものであり、きちんと証明できればステッカー貼付け後でも駐車違反から除外されることもあるようです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事