ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

オービスの通知は何日後に警察から届くのか?

無人式の速度違反の自動取締り装置、いわゆる「オービス」はレーダーやループコイルを使ってスピードを測り、違反車両の場合はカメラで撮影します。運転中にオービスが赤く強烈に光ったという場合、速度違反の取り締まりに遭ったと考えるのが一般的です。速度違反のオービスの通知は何日後に警察から届くのでしょう。


速度違反でオービスが光ったら通知はいつ来る?

オービスが通知は何日後が一般的なのか

オービスにセットされている撮影装置は、基本的には赤外線ストロボとCCDカメラ。オービスの赤外線ストロボが光ったら原理上、人間の目には見えませんが、オービスの場合は警告的にあえて赤い可視光も発光させています。

オービスのストロボが光り「しまった!」と思ったドライバーは、いつ警察から通知が届くのか、ビクビクしながらその後を過ごすことになります。数か月間、警察から連絡が届かない場合、ひょっとしたらセーフだったのではという期待もドライバーにふくらんできますが、オービスの通知は何日後に警察から届くのが一般的なのでしょう。

オービスのストロボが光って撮影が行われ、警察署から取り締まりのために通知を受けるまでの時間は、そのケースごとに異なります。例えば、警察官立ち会いで運用される可搬式オービスの場合、警察官がその場で違反切符を切ることもあるため、これが最速で通知を受けるパターンといえます。

オービスの通知は7~14日後が一般的

後日、警察署にドライバーを呼び出し、そこで違反切符を切る場合でも、撮影からオービスの通知が届くまでの期間はさまざまです。7日以内に警察署から呼び出しの通知が郵送されることもありますが、一般的には7~14日で警察から呼び出しのお知らせ「出頭命令通知」が届きます。

オービスの通知が7~14日後に送付される先は、ナンバー情報から調べた住所、つまり違反車両の所有者宛て。出頭先は、原則としては撮影したオービスを管轄する警察署となります(変更可能)。

オービスによる通知内容に従って出頭すると、走行スピードが記録されたオービスの写真が提示され、違反事実を確認。認めてサインすれば違反キップが切られます。オービスが撮影するのは、赤キップになる悪質な速度違反。すなわち超過速度が一般道で30km/h以上、高速道路では40km/h以上といわれています。


オービス通知はレンタカーでも光ったら来る

オービスの通知で出頭した後は、交通裁判所から呼び出され、略式の裁判手続きにより上限10万円の罰金を支払います。これで、刑事処分は終了ですが、オービス通知は行政処分も受けなければなりません。免許センターなどから呼び出され、免許停止や免許取り消しといった措置を受けることになるのです。

ちなみに、レンタカー運転中に速度違反でオービスが作動して赤外線ストロボが光ったらどうなるのでしょう。オービスが光ったとしても違反車両の所有者ではないので通知が届かないから逃れられるかというと、そんなことはありません。

警察は、レンタカー業者から契約者情報を得られるので、オービスが光ったら届く呼び出しのお知らせ「出頭命令通知」がしっかり自宅に届きます。レンタカーだとしても、オービスによる速度違反の取り締まり通知はごまかせないのです。

オービスの通知が何日後でなく数年後

それでは、オービス通知が7~14日後になっても届かなければ、速度違反はセーフだったということなのでしょうか。じつは、オービスの通知が何日後どころか、取り締まりまで2年以上かかるケースもあるのです。例えば、2011年に札幌地裁で開始されたオービス裁判では、2008年6月12日・13日にオービスで撮影されたものが2011年6月2日に起訴されており、撮影から起訴までにほぼ3年かかっています。

オービス撮影から通知まで3年近くたった理由として考えられるのが、刑事事件における「公訴時効」の存在です。公訴時効とは、事件発生日から一定期間たつとその事件は起訴できなくなるというもので、刑事訴訟法でその期間を設定しています。

公訴時効は、人が死亡したかどうかと、その罪に規定されたもっとも重い量刑で決まります。速度違反の場合、刑罰は「懲役6月以下または10万円以下の罰金」で、人の生死に直接関係するものではないため、公訴時効は3年です。ちなみに、殺人など最高刑が死刑の罪に関しては、公訴時効はありません。


オービス通知は光ったら来る可能性が残る

警察側としては、オービスの撮影写真があるのに公訴時効を簡単に成立させてはまずいので、時効成立前に再捜査に着手。証拠固めをしたうえで、検察官による起訴まで持ち込んで通知したということになります。とはいえ、オービス撮影後すぐにドライバーを通知で呼び出していないことから、撮影写真が鮮明でなかった可能性は高いでしょう。

実際、先ほどの札幌地裁の裁判の弁護人が書いた記事によると、オービスの写真は本人と特定できるほど鮮明ではなく、警察による鑑定もかなり無理筋な方法で行われたようです。結局、札幌地裁が出した判決では、2件のスピード違反のうち1件は無罪となり、この判決が確定しています。

いったんオービスが光ったら、北海道で起きた事例のように3年後の公訴時効成立ギリギリまで、警察からの呼び出し通知がくる可能性が残るということです。なお、オービスが発光するレベルの速度違反は交通事故につながる可能性が高いため、制限速度を守って安全運転を心がけましょう。

■「オービス」おすすめ記事
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?
オービス検知アプリは新型オービスにもすぐ対応
オービスの種類と特徴はしっかり頭に入れておく
オービスの主流「LHシステム」のLHは何の略?
新型オービスの登場で変わる速度取り締まり対策
Nシステムは通行車両のナンバープレートを撮影
全国のN端末を網羅した「Nシステムマップ」とは

■「速度違反」おすすめ記事
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
白バイが潜む場所!取り締まり神業テクニック

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事