ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

飲酒検問を幹線道路から1本入った通りで行う理由

飲酒検問は、警察にとってはポイントが稼ぎやすい取り締まり。だからこそ、飲酒検問にはさまざまなノウハウが凝縮されています。例えば、飲酒検問を実施する場所。飲酒検問は大通りを避けるドライバー心理の裏を突いて行われるのです。とはいえ、路地などに逃げようとしても待機した警察官に即座に取り締まられます。


飲酒検問を幹線道路から1本入った通りで行う理由

飲酒検問は自動車警ら隊も独自に実施

夜間に実施されることの多い飲酒検問は、交通違反の取り締まり専門部署である「交通機動隊」だけではなく、地域のパトロールを主な任務とする「自動車警ら隊」も独自に行うことが可能。警察官にとってはポイントが稼ぎやすく、手っ取り早い取り締まりといいます。

「今月は飲酒取り締まりが少ないからやるか」という感じで、急でも始められるのが飲酒検問です。そんな飲酒検問が行われる場所は、幹線道路から1本入った通りが多いといいます。大通りを避けるドライバー心理の裏を突くわけです。

実際、飲酒検問は幹線道路から路地に入った一方通行など、逃げようがない場所やドライバーの意表を突いた場所が選ばれることがよくあります。幹線道路から1本入って回り道をしたはずなのに、飲酒検問が待ち構えていた…となるわけです。

飲酒検問では路地の奥に警察官が待機

また、飲酒検問では、窓を開けた時に酒の匂いは分かるもの。わざわざ息を吐かせるのは挙動を見るためといいます。息を少ししか吐かなかったり、逆に吸い込んだり…。警察官もそんなに他人の息をかぎたいわけではないのです。

そもそも怪しいクルマは、飲酒検問に気づいてスピードを落としたり、路地に逃げようとしたり、Uターンしようとしたり…。70%は動きで分かるといいます。そのようなクルマには検問の手前で隠れている警察官がすぐに駆け付けるのです。

飲酒検問時は、検問に警察官が2名ほど配置されていることがほとんど。ただし、近くの路地の奥などに白バイや他の警察官が待機しています。飲酒検問で路地などに逃げようとすると即座に取り締まられるわけです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事