ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

パトカーの赤色回転灯はなぜブーメラン型なのか

パトカーを象徴するのが、ルーフ上に取り付けられた赤色回転灯でしょう。実は、この赤色回転灯を上から見るとブーメランのような不思議な形状をしています。パトカー以外でほとんど見かけることのない、このブーメラン型の赤色回転灯の形状に至った経緯について詳しく見ていきましょう。


パトカーの赤色回転灯はなぜブーメラン型なのか

バータイプの赤色回転灯が登場した

その昔、パトカーのルーフに取り付けられる赤色回転灯は、中央にぽつんと一つ置かれるタイプが一般的でした。今でも、通常走行では赤色回転灯を隠しておく必要がある覆面パトカーや機捜車にはこのタイプが使われています。

しかし、高さが低く赤色回転灯自体も小さいため、遠くから見にくいという欠点がありました。そこで、昭和後期にはルーフ幅いっぱいに取り付けるバータイプの赤色回転灯が登場しました。当時、テレビで人気だった警察ドラマで見られるパトカーがこのタイプです。

バータイプを採用することで、赤色回転灯の視認性は大幅にアップしました。ところが、このバータイプにも欠点がありました。というのも、前後からに比べて左右から見た場合に見える面積が狭く、緊急走行時に交差点で見落とした車が横から突っ込む危険性が残っていたのです。

赤色回転灯の形状で燃費アップした

そこで、赤色回転灯メーカー・パトライトが「横からも見やすいものを」ということで開発したのが、いま主流のブーメラン型というわけです。パトカーにはブーメランのくびれ部分を前方にして取り付けられています。

バータイプからブーメラン型になったことで、横から見える面積も大幅にアップ。緊急走行時の安全性が向上しました。もちろん、緊急走行時は赤色回転灯の「目」だけでなく、サイレン音の「耳」でも警告し続けるのはいうまでもありません。

また、ブーメラン型の赤色回転灯は空気抵抗を少なくする形状にもなっています。大型の赤色回転灯をルーフにのせれば、空気抵抗はどうしても増加。形状を工夫して空気抵抗を抑えることで、燃費アップにも貢献しているようです。

ブーメラン型の赤色回転灯は全国各地で配備されていて、最近ではミニパトにも続々導入されています。一方、護送車などのワンボックスタイプの警察車両では、いまだにバータイプの赤色回転灯が使われているケースも多いようです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事