ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

中身が空の「ゾンビオービス」が増えている理由

スピード違反取り締まりは大きく「有人式」と「無人式」の2パターンあります。有人式とはネズミ捕りやパトカー追尾式など、警察官が現場で行う取り締まり。一方、無人式とは路上に設置されたカメラと赤外線ストロボでスピード違反を自動撮影するオービスのことです。ただし、オービスには中が空のダミーが存在します。


中身が空の「ゾンビオービス」が増えている理由

オービス事業から製造メーカーが撤退

路上に設置されている無人式のスピード違反取り締まり装置である「オービス」は、すべて稼働しているとは限りません。中には、動作していないオービスもあるのです。とくに、Hシステムと呼ばれるはんぺん型のアンテナが特徴のオービスによく見られます。

オービスは10.525GHzのレーダー波を使って車速を測定する「レーダー式オービス」と「Hシステム」が存在。近年の主流は、道路に埋め込まれたループコイルで測定する「ループコイル式オービス」と「LHシステム」です。

このうち、Hシステムの製造メーカーは三菱電機。三菱電機は2008年にオービス部門から撤退しており、現在はメンテナンスと裁判関係をサポートしているのみです。レーダー式オービスは、三菱電機と松下通信工業が製造していましたが、松下通信工業もオービス事業から撤退。LHシステムへの置換が進んでいます。

オービスのカメラのケース内が空っぽ

Hシステムのオービスは、はんぺん型の両脇に赤外線ストロボとCCDカメラがワンセットで並ぶのが通常です。ところが、よく見ると赤外線ストロボが取り外されていたり、アンテナがなかったり、カメラのケース内が空っぽだったり…。いわゆる「ゾンビオービス」が多数報告されています。

ところで、オービスを夜間に通過するときに赤外線ストロボがポッと赤く光ったように見えることがあります。しかし、多くの場合は対向車線を走り去るクルマのテールランプがオービスの赤外線ストロボのガラス面に反射して光ったものです。

実際のオービスの赤外線ストロボはもっと強烈に発光します。YouTubeを検索すれば、実際のオービスの赤外線ストロボの発光を確認できる動画が見つかるでしょう。

ただし、赤外線ストロボは原理的には肉眼ではほとんど見えません。それでも発光がわかるのは、ドライバーへの警告のために赤外線ストロボで赤い可視光を混ぜて発光させているようです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事