ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察官の制服「冬服・合服・夏服」着用期間は?

警察官の制服が現行タイプになったのは1994年のこと。600億円をかけて男女の制服を一新しました。近づきがたい雰囲気を避けるため、警察官の制服は警棒を見えにくくしたり、国民に親しまれやすいデザインに変更されました。バリエーション豊富な警察官の制服は何タイプあるのでしょう?


警察官の制服「冬服・合服・夏服」着用期間は?

警察官の制服は12~3月は冬服が基本

警察官の「制服」は、季節によって3タイプが用意されています。12月1日~3月31日は「冬服」、6月1日~9月30日は「夏服」、その間は「合服」を着用するのが基本です。

「制帽」も季節に合わせた3タイプのを用意。冬帽子は厚手で通気性が悪く、夏帽子はメッシュになっているものもあります。制帽以外にキャップ式の「活動帽」も3タイプ支給されますが、略装なので日常外勤以外の着用は禁じられることがあります。

警察官の制服で「冬服」は、上衣が濃紺3つボタンの長袖で、中は白いワイシャツと藍ねず色のネクタイを着用。上着もズボンも裏地が付く厚手の仕様となっています。

素材は綿とポリエステルの混紡なので、事務仕事の多い警察官は尻やヒジがすぐテカテカになります。しかし、生地は厚くても防寒性はイマイチ。屋外活動時には革製の「防寒コート」を着るケースが多く見られます。

警察官の制服にジャンパーの活動服

警察官の制服でオールマイティに使えるのが、春秋用の「合服」。合服は冬服と似ていますが、色合いが異なって紺色。上着は冬服よりもウエストが絞られ、若干スリムに見えるのが特徴です。素材には麻が混じっているため通気性がよく、現場の警察官に最も人気があります。

このほか、上衣には「活動服」もあります。軽いジャンパーで動きやすく、好んで着用する警察官も多いのですが、冬活動服の防寒性はソコソコ。着用は個人の裁量によりますが、日常外勤での着用は制限されている警察本部もあります。

一方、上着がなく水色のワイシャツ姿となる夏服は藍色のズボン。なお、多くの警察本部では防刃ベストの着用が義務化されているため、ワイシャツ1枚といってもまったく涼しくありません。ズボンは通気性がいい薄手のものが採用されています。

防弾ではなく防刃のベストは、カバーの中身が金属メッシュ。軽量で包丁くらいは防ぎますがアイスピックなどは貫通してしまいます。最近になって洗濯のため、カバーのみ複数枚支給されるようになりました。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事