ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

交通違反で前科がつくのは反則金・罰金どっち?

交通違反でキップを切られて支払うお金はすべて「罰金」というわけではありません。交通違反のペナルティとして支払うお金には「罰金」のほか「反則金」と「放置違反金」があります。一口に交通違反といっても、支払うお金には違いがあるのです。交通違反の「罰金・反則金・放置違反金」の違いを見ていきましょう。


交通違反で前科がつくのは反則金・罰金どっち?

反則金・罰金・放置違反金の3種類

交通違反にはじつは4つの種類あります。1つめはシートベルト違反など違反点数だけが加算されるもの、2つめは交通違反の中でも「反則行為」と呼ばれる軽微なもの、3つめは交通違反でも軽微でない「非反則行為」と呼ぼれるもの、4つめは駐車違反で車の持ち主が放置違反金を支払うタイプです。

そして、交通違反のペナルティとして支払うお金は「反則金」「罰金」「放置違反金」の3種類。それぞれ交通違反の4種類の2つめ、3つめ、4つめに対して支払うものです。

まず「反則金」について。そもそも道路交通法違反といえども罰則付きの法律を犯すことは犯罪行為です。刑事手続きで扱わなければなりません。しかし、件数があまりに増大したために1968年に制度化されたのが「交通反則通告制度」です。

非反則行為の交通違反は罰金で前科

交通反則通告制度は、軽微な違反は反則行為とされ「反則金」を納付すれば刑事手続きで扱わないようにするというもの。いわゆる青キップと反則金の納付書が交付されます。

続いて「罰金」は、軽微ではない非反則行為と呼ばれる赤キップになる交通違反で、刑事手続きに進んだ結果として支払うもの。実際には、いわゆる交通裁判所に呼び出されて、とくに不服がなければ略式の裁判により、すぐに罰金を払うことになります。

なお、罰金は刑法に定められている刑罰の一種。そして、刑罰を受けたことがある経歴を「前科」と呼びます。交通違反の罰金も刑罰なので前科となるのです。

「放置違反金」は反則金や罰金と違って、交通違反者を対象としていません。お金を支払うのはクルマの持ち主。2006年にスタートした駐車監視員制度と同時に設けられた新しいペナルティになります。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事