ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スピード取り締まりの白バイに制限速度はある?

交通違反のクルマを見つけた瞬間にサイレンを鳴らし、交差点でUターンからの急加速で違反車を追尾する白バイ。そんな白バイの取り締まりを見ていると、何をやっても交通違反にならない…と思われがちですが、実はそうでもありません。白バイが交通違反にならない場合となる場合の違いを見ていきましょう。


スピード取り締まりの白バイに制限速度はある?

速度標識による制限速度がない白バイ

おもに各都道府県警の交通機動隊や高速道路交通警察隊に所属している白バイは、一般的なパトカーと違って交通違反の取り締まりが普段の任務になっています。警視庁など一部の都道府県警には警察署所属の白バイも存在しますが、その場合も任務はだいたい同じです。

交通違反の取り締まりではなく街中を流している一般走行時、白バイはほとんどの交通規制に従わなくてはいけません。当然、赤信号では止まる必要があり、一時停止、通行帯などの規制も一般車と同じです。

ただし、速度標識による制限速度の適用はなく法定速度のみ。このため、速度規制が行われていても片側2車線以上の高速道路なら100km/h、一般道路は60km/hまでスピードを出すことが可能。なお、京葉道路の80km/h区間や新東名高速道路の120km/h区間など、制限速度が法定速度以上の場合はそちらが適用されます。

ところが、取り締まりを行っているときの白バイは「緊急走行」扱いとなるため、信号を無視しても問題なし。車線に関するさまざまな規則も免除されます。このとき、緊急走行を示すため、赤色回転灯の点灯とサイレン音を鳴らすことが原則です。

白バイのスピード取締りは速度無制限

しかし、この原則には例外があります。スピード違反の取り締まり時は、サイレン音を鳴らさず赤色回転灯の点灯だけでもOKなのです。また、スピード違反の取り締りに関しては、違反の性格上スピードに関する制限はなくなり、白バイは速度無制限で走行することができるのです。

また、取り締まり中の白バイの場合、駐停車違反や駐車違反に関しても対象外になるケースが増えます。標識で駐停車禁止や駐車禁止が指定されている場所は、各都道府県の規則で駐停車禁止・駐車禁止にならないと決められています。

ちなみに、高速道路の路肩は道路交通法で駐停車禁止となっていますが、法律が「法令の規定若しくは警察官の命令により、又は危険を防止するため一時停止する場合」となっているため、スピード違反の取り締まりで白バイや違反車が路肩に止まるケースは駐停車違反になりません。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事