ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

オービスのスピード違反はいつ呼び出される?

スピード違反の取り締まりは現場で直ちに違反キップを切るケースと、後で呼び出して違反キップを切るケースの2種類があります。そして、後から警察に呼び出されるスピード違反が、いわゆるオービスによる取り締まり。無人式の自動速度取締装置・オービスに撮影されると、警察にはいつ呼び出されるのでしょう。


オービスのスピード違反はいつ呼び出される?

オービスはスピード違反を自動撮影

「オービス」は、路上に設置されたカメラと赤外線ストロボでスピード違反を自動的に撮影する固定タイプが主流。最近では、小型で融通の利く移動式の新型オービスも登場しています。

警察官たちが道端にレーダー式または光電式の測定機を設置して速度違反を取り締まる「ネズミ捕り」や、パトカーや白バイが違反車の後方にくっついて走って違反者を取り締まる「追尾式」なら、違反キップはその場で切るのが通常です。

ここで「違反キップを切る」という表現は、取り締まりに使う5枚くらいで1綴りになっている書類の1枚を、ピッと外して違反者に交付するところからきています。

また、この1枚目の書類はスピード違反の場合、超過速度が30km/h未満(高速道では40km/h未満)だと青色、30km/h以上(同40km/h以上)だと赤色。このため、それぞれ青キップ、赤キップと呼ばれているわけです。

オービスは1~2週間ほどで呼び出し

一方、固定式オービスの場合は、速度違反の現場では測定と撮影を行うだけ。固定式オービスが作動するのは、基本的には赤キップのスピード違反のみです。付近に警察車両が待機しているわけではないので、後から警察に呼び出されて赤キップが切られます。

実際にオービスに撮影されてから警察に呼び出されるまでの期間はさまざまです。たいていは1~2週間ほど、遅くとも1か月くらいというのが目安。場合によっては、数日後に通知が来ることもあります。

オービスが撮影した写真には車のナンバーと運転者が写り込んでおり、測定値が自動的に焼き付けられた状態。警察は写真に映っているナンバーから判明したクルマの所有者に通知して、違反者を警察署へ呼び出すわけです。

通知には、速度違反した車のナンバーや違反した日時、場所などが記載されていて、運転者が出頭するように通知されます。中には、車の所有者が知らん顔をするケースもありますが、多くの場合は逮捕を臭わせた郵便や電話が何度もあり、違反者は仕方なく出頭するようです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事