ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察は科学捜査もキャリアとノンキャリアが存在

警察ドラマで遺留品などの鑑定で登場するのが「科学捜査研究所」、通称「科捜研」です。日々、各専門分野のプロたちが難事件の手口を割り出すために研究しています。科捜研が設置されているのは各警察本部の刑事部です。そんな科捜研の研究員には、巡査部長や警部補といった階級が存在するのでしょうか。


科学捜査の世界もキャリアとノンキャリアが存在

科捜研の研究員の多くは技術職員

犯罪現場で採取された遺留品はまず鑑識課で分析が行われます。しかし、すべてが鑑識課で鑑定されるわけではありません。より正確な分析が必要となった時に送られるのが科学捜査の研究や鑑定を行う機関「科学捜査研究所」、いわゆる「科捜研」です。

鑑識課は、事件の初動捜査などを担当。科学的な分析は科捜研が行います。ちなみに、警視庁科学捜査研究所は刑事部に所属。所在地は東京・霞ヶ関の警察総合庁舎内で、ここで日々研究が行われているのです。

ただし、科捜研の研究員の多くは警察官ではなく技術職員という立場。捜査権も逮捕権も持っていません。とはいえ、科捜研の研究員は他の警察官と同じように試験で昇級するシステムになっています。

科捜研の研究員が昇級できる最上級

科捜研の研究員の階級システムは、科学捜査研究所所長(管理官)を目指して、研究員技師からスタート。所長は警察の階級でいうところの警視にあたり、警視が就任するのが一般的と言われています。

具体的な科捜研の階級は「研究員技師」が巡査および巡査長、「研究員主任」が巡査部長、「専門科長」が警部補、「専門官」が警部、そして「科学捜査研究所所長」が警視と同じです。すなわち、科捜研職員が昇級できる最上級は所長ということ。警視がキャリアとノンキャリアの壁と言われる他の警察官と同等といえるでしょう。

よく混同される科学警察研究所(科警研)は、国家試験をパスしたいわゆるキャリア組が所属する警察庁管轄の科学捜査研究所です。科学捜査技術を各県警の科捜研に指導するのが役割となっています。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事