ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

分駐所付近のクラウンは覆面パトカーの可能性大

高速道路でのスピード違反の取り締まりはオービスだけではありません。白黒パトカーや覆面パトカーが日夜、スピード違反の取り締まりに励んでいます。特に新東名は追尾式のスピード違反の取り締まりのメッカです。気をつけておくべきポイントは、新東名に3つある静岡県警高速隊の分駐所になります。


分駐所付近のクラウンは覆面パトカーの可能性大

覆面パトカーが高速道路をパトロール

高速道路上における交通取り締まりや交通事故処理を管轄するのが「高速道路交通警察隊」、いわゆる「高速隊」です。管轄区域内のインターチェンジにある料金事務所や高速道路会社の管理事務所などに併設する形で分駐所は設置されています。

全区間にやたらと広い路側帯を有する新東名は、違反キップを切るためにトンネルの中でも停車させられるほど。追尾式のスピード違反の取り締まりの名所となっています。

御殿場JCTから浜松いなさJCTの間には、長泉沼津、新静岡、浜松浜北の各ICに静岡県警高速隊の分駐所があります。分駐所には各隊5~6台の白黒パトカーと1~2台の覆面パトカーが所属して、高速道路のパトロールに勤しんでいます。これらのインターからトヨタ・クラウンが合流してきたら覆面パトカーである可能性が大というわけです。

分駐所に覆面パトカーが小規模で駐在

新東名にある3つの分駐所を詳しく見てみましょう。新東名の長泉沼津IC脇の長泉分駐。3つの分駐では最も規模が大きく、この日は3台の覆面パトカーと1台の200系の白黒パトカーが待機していました。

5台の白黒パトカーが揃っていたのが新静岡ICの新静岡分駐。残念ながら覆面パトカーの姿は確認できませんでした。新東名の浜北分駐は、浜松浜北ICのNEXCO保全車両基地の一角。白黒パトカー、事故処理車、覆面パトカーが小規模で駐在しています。

ちなみに、新静岡分駐の確認を終えて再び下り本線に合流しようとしたところ、同じタイミングで白黒パトカーが出動。ランプウェイでは後ろに続いていましたが、本線に合流するやいなや追い越し車線に出て、時速120~140km程度のスピードで赤色灯を点滅させながら、あっという間に走り去って行きました。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事