ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スピード取り締まり「追尾式」の測定時間が判明

パトカーや白バイによるスピード違反の取り締まりで、大部分を占めているのが「追尾式」です。追尾式による取り締まりは、違反車のスピードをレーダーなどで速度測定しているわけではありません。違反車の後ろを同じスピードで走るという、極めて原始的な方法でスピードを記録しているのです。追尾式の取り締まりを詳しく見ていきます。


スピード取り締まり「追尾式」の測定時間が判明

パトカーや白バイのスピード取締り

パトカーや白バイによるスピード違反の取り締まりは、基本的には「追尾式」です。スピード違反車を見つけると、その後ろを等間隔で走り続け、そのときの自車のスピードを違反速度として記録するという方法をとっています。

この際、自車のスピードを記録するために使われるのが「ストップメーター」です。現在使われているストップメーターはデジタル式で、取り締まる警察官が「等間隔で走った」と判断した時点でボタンを押すと、付属するプリンターからその時点のスピードが印字され、スピード違反の記録となります。

追尾式のスピード取り締まりでパトカーや白バイが等間隔で走る距離や時間に決まりはあるのでしょうか。実は、警察側は一瞬でもOKと考えている節があります。というのも、情報公開で入手した「高速道路における追尾式取締り要領」という警察庁の書類に「測定区間の長短はそれほど問題ないが」という記載があるからです。

追尾式のスピード取締りの測定時間

ただし、その記載には続けて「測定方法をより高度に担保するという観点から、○○○(黒塗り)の間、等速・等間隔で追尾して測定」ともあります。具体的な距離は非公開ですが、警察庁としても何らかの基準は設けていることは確かです。

さらに、警察官が参考書として利用する「実務に直結した新交通違反措置要領」という書籍に、先ほどの書類とほぼ同内容の記載がありました。それによると「おおむね100~200メートルの間追尾する必要がある」となっています。どうやら「100~200メートル」が警察側が考える追尾式のスピード取り締まりの測定距離の基準のようです。

仮に時速120キロで走行している場合、100メートルの追尾には3秒ほど、200メートルは6秒ほどかかります。追尾式のスピード取り締まりの速度測定には、3~6秒ほどの時間がかかるということです。とはいえ、スピードの出しすぎは事故の元、制限速度を守って安全運転を心がけましょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事