ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

職務質問は生理現象を利用して回避できるのか?

突如、警察官に呼び止められる職務質問は、とくに用事があるときは穏便に済ませたいもの。そこで、職務質問を回避できるかもしれないテクニックを紹介しましょう。各警察署ごとに職務質問のマニュアルは千差万別ですが、試す価値は十分。職務質問を生理現象やスマホを利用して回避するのです。


職務質問は生理現象を利用して回避できるのか?

職務質問された段階で尿意を匂わす

1つめは、職務質問を生理現象を活用して回避するテクニック。強制力の無い職務質問を回避する上では有効ではありますが、演技力が必要になるため難易度はやや高めです。

まず職務質問された段階で「あ、ちょっとトイレに行きたくて…」と、こちらに激しい尿意がことを匂わせます。警察官は「すぐ終わりますから」と職務質問を続行しようとしますが、ひるまずに「漏れたらどう責任取るんですか」と哀願するのです。止む無く解放してくれるでしょう。

2つめは、仕事などの電話がかかってきたフリをして職務質問を回避するテクニック。深夜帯などは警察官が交差点付近に立っていることがあります。この時、おもむろにスマホを出して誰かと会話するフリをしながら通過するのです。

職務質問でバッグ内の確認を回避する

職務質問されそうになったら、仕事の話などで長電話になりそうに振る舞えば、警察官も電話が終わるまで待つしかありません。しつこい警察官以外は早々に解放してくれるハズです。

3つめは、イチかバチかで職務質問を回避する荒ワザです。準備しておくのは、恋人とのプライベートな写真。常にバッグへ忍ばせておきます。職務質問で警察官がバッグ内を確認しようとしたら「身内の裸が写った写真が入っているんで…」と伝えてみましょう。

それで怯んでくれればこちらのもの。しかし「じゃあ、その写真だけを先にバッグから抜いて」と切り返されることもあります。警察官に「面倒なヤツに声かけちゃった」と思わせられれば、職務質問から解放されるというわけです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事