ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

「レーザー式」オービスに特化した探知機が登場

移動式の新型オービスの登場によって、新たな速度取り締まりへの対応が求められるようになっています。移動式の新型オービスは神出鬼没なうえに「レーザー式」の速度測定を採用。既存のGPSレーダー探知機では対応できません。そんな中、レーザー式オービスに特化した探知機が登場しました。


「レーザー式」オービスに特化した探知機が登場

レーザー式オービスの受信に特化した

かつての速度取り締まりは、Hシステムをはじめとする「レーダー式」が主流。初期のレーダー探知機は文字通り、オービスが発するレーダーを受信してドライバーに注意を促すものでした。

しかし、2000年代になると電波を発しない「ループコイル式」のLHシステムが増加。このため、マップ上に登録されたオービスの位置情報を元に警告を行うGPS併用タイプのレーダー探知機が主流になったのです。

そして近年は、移動式の新型オービスが登場。従来のレーダー探知機では探知できない「レーザー式」による取り締まりが本格化しています。

セルスター工業の「AL-01」は、レーザー式オービスの受信に特化したモデル。シガーソケットに電源を挿し、ダッシュボードに設置するだけで、本機単体で使えるのが大きな特徴といえます。

レーザー式オービスを高い確率で識別

オービスのレーザーをキャッチすると、AL-01は音声とLEDで警告。レーザー光の受信レベルを強・弱の2段階で判定するので、オービスの距離感を把握できます。独自の判定アルゴリズムを搭載しているので、誤報となりやすい赤外線やレーザー光を使用した機器などとオービスとを高い確率で識別可能です。

既存のレーダー探知機に接続もできるので、レーザー非対応モデルをレーザー対応モデルに“アップグレード”することが可能。従来モデルを使用しているユーザーにもオススメです。

レーザー式オービスに特化した探知機のサイズ/重さは、41WX26H×37.5Dmm/20gとコンパクトな設計。実勢価格は7678円です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事