ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

駐車違反で「移動します」貼り紙は監視員のカモ

駐車監視員も人の子。機械のように任務を遂行しているわけではありません。実際は、交通の支障となる駐車違反より、ステッカーを貼りやすいものが優先されがちです。とはいえ「移動します。電話ください」という貼り紙はむしろ逆効果で、駐車監視員の格好のカモとなるのでした。


駐車違反で「移動します」貼り紙は監視員のカモ

駐車監視員は放置車両にステッカー

駐車違反ステッカーを貼られないようにするため、見張り役を置く方法はどうなのでしょう。「駐車監視員が来たぞ!」と見張り役から報告を受けてすぐクルマに戻る…これはセーフです。

禁止場所に駐車すること自体は違反ですが、駐車監視員は「放置車両」でなければ取り締まれません。放置車両とは、駐車違反と認められる車両であって、運転者がその車両を離れて直ちに運転することができない状態にあることです。

実際、駐車違反ステッカーを貼り付けた数より、貼り付ける前に運転者が戻ってきてセーフとなった数の方が2倍以上も多いというデータもあります。

「近くの○○にいます。すぐに移動するので電話をください」という貼り紙に携帯電話番号を記載して、クルマを離れている人を見かけたことがあるはず。この場合、駐車監視員はどういう対応をするのでしょう。

駐車違反ステッカー貼り付けで成立

駐車違反で「移動します」の貼り紙はむしろ逆効果です。ある駐車監視員いわく「電話なんてしませんよ(笑)。その貼り紙はしばらく戻らないことを宣言してるようなもんです。私らにとっちゃカモです」といいます。

電話をくれたら移動するということは、車両をすぐに移動できる状態ではないということ。わざわざ貼り紙をして、放置車両であることをアピールしているようなものです。

それでは、クルマに戻ったらちょうど駐車違反ステッカーを貼ったところだった場合。駐車監視員にやむを得ず駐車した事情を説明して、剥がしてもらうことはできるのでしょうか。

答えは絶対に無理です。貼り付けた駐車違反ステッカーを剥がしたら、警察から駐車監視員が大目玉を食らいます。駐車監視員による放置車両の確認は、駐車違反ステッカーの貼り付けをもって成立するのです。とはいえ、駐車違反は渋滞や事故の原因。交通ルールはしっかり守りましょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事