ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

夜間にオービスが発光したように見える正体は?

「オービス」はいわずと知れた無人式の自動速度取締装置。制限速度を大きく超えた車両を、赤外線ストロボとカメラで自動撮影します。そんなオービスを夜間に通過したときに、ポッと赤い光が見えて「オービスが作動した?」とドキッとした経験があるはず。しかし、実際はオービスの発光でないことがほとんどです。


夜間にオービスが発光したように見える正体は?

赤く見えるオービスの赤外線ストロボ

無人でスピード違反を取り締まる「オービス」は、レーダー式やループコイル式、レーザー式と速度測定方式に違いはありますが、赤外線ストロボとカメラで撮影するという点は共通です。夜間でもスピード違反のクルマと運転者をしっかり捉えることができます。

このため、スピード違反をしていなくてもオービスを通過するときは、つい赤外線ストロボに目が行ってしまうもの。そして、夜間に通過しているときに、オービスがポッと赤く光って見えて、オービスに撮影されたと思ってドキッとしたという経験談をよく耳にします。

しかし、ほとんどの場合、赤く発光したように見える正体は、反対車線を走り去るクルマのテールランプがオービスの赤外線ストロボのガラス面に反射して光っているものです。

実際のオービスの赤外線ストロボは、もっと強烈に発光します。YouTube動画を検索すれば、実際のオービスの赤外線ストロボの発光を確認することが可能。肉眼でもハッキリと赤く見えます。

オービスは稼働しているとは限らない

ただし、原理的には赤外線ストロボは肉眼ではほとんど見えません。オービスは警告のために、赤外線に加えて赤い可視光も発光しています。ただし、可視光が同時発光なのか、後発光なのかはわかっていません。

また、すべてのオービスは稼働しているとは限りません。中には、動作していないオービスも存在。とくに、Hシステムと呼ばれるはんぺん型のアンテナの両脇に赤外線ストロボとCCDカメラが並んだオービスによく見られます。

Hシステムの製造メーカーである三菱電機は、2008年にオービス部門から撤退。現在はメンテナンスと裁判関係をサポートしているのみです。レーダー式オービスと同様に、ループコイル式への置換が進んでいます。

このため、赤外線ストロボが取り外されていたり、よく見るとカメラのケース内が空っぽだったり、はたまたアンテナがなかったりというケースが続出。とはいえ、気を抜いていると、いつの間にかLHシステムが新設されていることもあるので要注意です。制限速度を守って安全運転を心がけましょう。

■「オービス」おすすめ記事
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?
オービス検知アプリは新型オービスにもすぐ対応
オービスの種類と特徴はしっかり頭に入れておく
LHシステムは全国的に配備が進むオービスの主流
新型オービスの登場で変わる速度取り締まり対策
Nシステムは通行車両のナンバープレートを撮影

■「速度取締り」おすすめ記事
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
スピード違反のネズミ捕りを察知する5つの方法

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事