ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

交通違反の点数や前歴を一発でクリアにする方法

日本の運転免許の仕組みは、独特な点数制度のために交通違反や交通事故を繰り返すドライバーほど、簡単に免許停止や免許取消になってしまいます。これは、免許停止を繰り返した「前歴」が貯まると処分条件が厳しくなることが大きな要因ですが、実は点数だけでなく前歴も、あることを達成するとクリアにすることができるのです。


交通違反の点数や前歴を一発でクリアにする方法

交通違反の点数や前歴は最大3年累積

交通違反や交通事故への対応には、他の法律違反であまり例のない「点数制度」が運用されています。この点数は、違反や事故責任の重さにより決められたものがあり、50km/h以上のスピード違反は12点に対し、一般道でのシートベルト等着用義務違反は1点といった具合です。

点数は交通違反や交通事故を繰り返すことで、最大3年間累積されます。その後、累積した点数が一定数に達すると免許停止や免許取消といった行政処分の対象。このうち、免許停止処分になりその期間を終えると点数はゼロに戻るものの、今度は「前歴」が付き、前歴の回数が増えるほど少ない点数で免許停止や免許取消になってしまう仕組みです。

例えば、前歴なしのドライバーであれば累積6点で30日の免許停止ですが、前歴1回では累積4点で60日の免許停止。さらに、前歴2回では累積2点で90日の免許停止と、駐車違反1回で免許停止になってしまうのです。

交通違反の点数クリアは無事故・無違反

この点数制度は、交通違反を繰り返すほど行政処分上、不利になるシステムです。しかし、前歴や点数が累積している場合も、1年間無事故・無違反を達成することで、過去の点数や前歴はすべてクリア。さらに、過去2年以上無事故・無違反で3点以下の違反1回だけの場合は、3ヶ月で累積点数がゼロに戻るのです。

また、前歴0回で、3点違反の違反だけで累積点数が6点ちょうどとなった場合、「違反者講習」を受けることで前歴なしのまま累積点数がゼロに戻ります。ただし、一度違反者講習を受けた場合、以後3年間は対象外となるため、再び累積6点へ達した場合は免許停止となるので要注意です。

ただし、これらの方法で前歴や点数を消した場合も、次回の運転免許更新時は優良運転者とは認定されず「一般運転者講習」または「違反者講習」を受けることになります。「ゴールド免許」が手に入る優良運転者と認定されるためには、運転免許証更新時点で5年以上の無事故・無違反を続けていることが必要です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事