ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スマホが盗聴器に変わる睡眠アプリの設定とは?

「外出中のデスク周りの様子を探りたい」「飲み会で自分が離籍した時の会話を録音したい」など、自分がいない時に何を言われているか気になる人は多いでしょう。そんな時は、自分のいびきや寝言を聞くための睡眠アプリをスマホに導入。スマホを盗聴器代わりにして、こっそり録音するための睡眠アプリ設定を見ていきます。


スマホが盗聴器に変わる睡眠アプリの設定とは?

スマホを盗聴器代わりにして録音

「Sleep Talk Recorder」は本来、睡眠時のいびきや寝言を録音してくれるヘルスケアアプリですが、スリープ状態での録音機能や音声探知機能を搭載。バッテリーや容量を無駄に消費することなく、盗聴器のようにこっそり会話を録音できます。

アプリ自体は無料なので、使用してないiPhoneがあれば入れておいて損はないでしょう。ただし、アプリの初期設定では、起動から30分間は録音しないようになっているため、そのままでは大事な会話を聞き逃してしまいます。

スマホを盗聴器代わりに使用するためには、録音の設定を変更する必要があるのです。メニュー設定から「アクティベーションの遅れ」を0分に変更。さらに「アクティブにする」をタップすることで即、録音開始します。録音した音声は、画面下の「再生ボタン」から聞くことが可能です。

音がした時だけスマホの周囲を録音

自分の寝言やいびきを録音するために作られたアプリなので、寝言を確認するためにひたすら無音状態を再生する必要がない設計になっているのもこの睡眠アプリの魅力でしょう。盗聴器に搭載されているVOX機能のように使えます。

VOX機能とは「Voice Operated Transmit」の略で、音声によって送信をコントロールするという意味。一般的に盗聴器は拾った室内音を送信し続けますが、これでは誰もいない無音状態でも電波を発信し続けることになります。

それがVOX機能付きの盗聴器なら、音声がマイクに入った場合にのみ電波を発射するというわけです。このVOX機能付き盗聴器のように音がした時だけ動作して、スマホの周囲の音を録音してくれるのです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事