ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

居場所バレ防止にスマホの位置情報をオフにする

家族や友達の現在位置がリアルタイムで分かる位置情報共有アプリが人気です。待ち合わせや安否確認に便利ですが、現在地が垂れ流しになるため悪用されると非常に危険。そのほか、スマホの「位置情報」を知らないうちに利用しているアプリも存在します。居場所がバレるのを防ぐためにもスマホの「位置情報」はオフにしましょう。


居場所バレ防止にスマホの位置情報をオフにする

スマホの位置情報をオフにする設定

スマホの「位置情報」は、居場所の監視や行動履歴の追跡に使われる危険なもの。しかし、無効にしてしまうとマップ上に居場所を表示できないなど、たくさんの不都合が生じます。そこで、位置情報は信頼できるアプリにだけ提供するように設定しましょう。

Androidの設定は、スマホの設定画面で「アプリ」を開いて「権限」→「位置情報」を選択します。ここで位置情報の利用を許可するアプリを選択。位置情報がなくても使えるアプリには、権限を与えないようにしましょう。

iPhoneでの設定は、設定の「プライバシー」→「位置情報サービス」を開いて権限を設定するアプリを選びます。ここで位置情報の利用を許可するタイミングを選択。許可しない場合は「なし」を選んでおきます。

スマホの位置情報を偽装するアプリ

このほか、スマホの位置情報を「偽装」して現在地を誤魔化すことも可能です。「Fake GPS location」を使うと、位置情報共有アプリに表示される現在地を簡単に偽装できます。アリバイ工作に使える可能性もあるので覚えておいて損はないでしょう。

「Fake GPS location」はGoogle Playで入手できる無料アプリ。起動すると、自動的に「開発者向けオプション」画面が立ち上がります。

ここで「仮の現在地情報アプリ(端末によっては「疑似ロケーションアプリ」)を選択」をタップして、「Fake GPS」を指定。そして、現在地として認識させたい場所にピンを移動するのです。スマホの位置情報を偽装したい場所にピンを設定したら、画面右下の再生ボタンをタップします。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事