ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

月10回までは無料で取引ができるスマホ証券は?

株式投資で存在感を増しているのが「スマホ証券」です。中でも、スマホ証券の「CONNECT」は、大和証券グループが2020年7月に始めたサービスになります。後発ということもあり他社をよく研究しているのか、他にはないサービスの充実ぶりが特徴。デメリットは、アプリ内にチャート機能が無いくらいです。CONNECTについて詳しく見ていきましょう。


月10回までは無料で取引ができるスマホ証券は?

CONNECTは取り扱い商品が非常に豊富

東証上場銘柄が投資対象で、現物取引、信用取引、単元未満株(ひな株)などにも対応。月10枚の取引手数料無料クーポンもうれしい特典です。

Pontaポイントや永久不滅ポイントでのポイント運用にも対応。毎日100円から始められる、まいにち投信も注目のサービスでしょう。

CONNECTの投資対象は東証上場銘柄ですが、現物株式のほかに単元未満株(ひな株)、信用取引、IPOに加え、投資信託までと、取り扱い商品が非常に豊富なのが魅力です。

CONNECTでは、PontaポイントなどをSTOCK POINTとして運用し、ポイントが1株以上の金額になれば株式に交換できる「STOCK POINT for CONNECT」もユニークです。

CONNECTの手数料は約定代金の0.033%

現物取引の手数料は、約定代金の0.033%で、200万円以上の場合は一律660円。信用取引は100万円以上で一律330円です。ただし、取引手数料の無料クーポンが毎月10枚もらえるので、月10回までは無料で取引ができます。余ったクーポンは翌月まで繰り越せるのもうれしいポイントです。

無料取引は年間最大120回。さらに信用取引口座開設で240回まで可能になります。

現物取引とひな株の両方でNISA(一般NISA)での取引ができ、ETFと投資信託はつみたてNISAに対応。両者に対応していないスマホ証券が多い中、投資初心者には有利なサービスといえるでしょう。投資信託の積立投資も、毎日100円から始められます。(文/大正谷 成晴)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事