ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スマホでラジオを楽しむために入れるべきアプリ

スマホでラジオを聴取するスタイルが定着して、アプリも多数リリースされています。聞ける局とスタイルを見直して、スマホのラジオ環境を再構築しましょう。そこで、スマホでラジオを楽しむために入れておきたいアプリをまとめて紹介。定番の「radiko.jp」以外にも注目アプリがいろいろあります。


スポンサーリンク
スマホでラジオを楽しむために入れるべきアプリ

スマホで海外のラジオ番組を楽しむ

スマホでラジオを楽しむための定番アプリが「radiko.jp」です。リアルタイムの民放ラジオと、放送後1週間限定でタイムフリー聴取が可能。さらに、月額378円払えば全国のラジオ局が聞けます。オフタイマー付きで寝る前にも楽しめます。

「渋谷のラジオ 公式アプリ」はオリジナル編成中心の地元密着局。渋谷に縁のあるアーティスト・俳優・文化人らが集まって設立したラジオ局です。国内外問わず聴取できます。指原莉乃や福山雅治など、コミュニティFMらしからぬ豪華なレギュラー陣による番組が魅力です。

日本のコミュニティ局が充実しているアプリが「myTuner Radio」。コミュニティ局をメインに、100局以上ある国内のインターネットラジオをリアルタイムで配信しています。さらにはPodcastにも対応。iOS版は無料の会員登録が必要です。

オリジナル番組多めの充実ラジオアプリが「TuneIn Radio」。海外のラジオ番組に強いアプリです。スティービーワンダー所有のラジオ局「KJLH」なども聞け、異国の雰囲気を楽しめます。国内の番組に飽きたら手を伸ばしてみるとよいでしょう。

スマホに録音したラジオ番組を管理

「radiko.jp」は現在地にあるラジオ局以外を聞こうとすると、有料会員登録が必要です。そこで注目されているのが「Radikker」。スマホのWi-Fiを切り、携帯電話回線で接続すれば、関東の番組が受信できるようになります。

Wi-Fiで現在地情報を取得するため、LTE受信に切り替えることで東京に偽装できるというわけ。なお、関東圏からの地方局受信は非対応です。

「radiko.jp」と連携する、録音・再生機能に特化したアプリが「録音ラジオサーバー(録音)」。聴取中のリアルタイム録音に加え、番組や時間を指定してのタイマー録音も可能です。スマホに録音したラジオ番組はフォルダに分けて管理でき、早聞き・遅聞きでの再生に対応。数秒戻る機能もあり、語学学習にも向いています。

■「スマホ」おすすめ記事
スマホの遠隔操作アプリはどこまで監視できる?
スマホ乗っ取りに使われる最新の手口とは?
AbemaTVの録画をスマホでするなら「Mobizen」
「ケルベロス」アプリでスマホを遠隔操作!
追跡アプリ「ケルベロス」をチェックする方法
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneを自動録音アプリで盗聴器にする方法
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事