ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

擬装型盗聴器は三叉ソケット型以外に何がある?

盗聴発見系のドキュメントが、度々テレビで放送されます。盗聴発見業者がクルマで街中を巡回しながら、受信機をスキャン。そこで見つかる盗聴器は、ほとんどが三叉ソケット型です。ただし、擬装型の盗聴器は他にも存在します。擬装型盗聴器は三叉ソケット型以外にどんな種類があるのか見ていきましょう。


擬装型盗聴器は三叉ソケット型以外に何がある?

三叉ソケット型はベストセラー

いわゆる「盗聴器」とは、マイクで拾った音を電波で飛ばす情報収集機器の1つです。セキュリティショップやネット通販では、「発信器」などとして売られていて、だれでも購入することができます。

現在、盗聴器には基本的に3タイプあります。「ブラックボックス型」は内蔵電池で動作する昔ながらのタイプ。「ワニ口クリップ型」はクリップを電話回線に噛ませて使用します。「擬装型」何かにカモフラージュした盗聴器です。

盗聴発見のテレビ番組でよく見かける三叉ソケット型は擬装型の盗聴器です。壁のコンセントに挿し込むだけですぐに使える上、三叉ソケットとしても機能するため、発見されにくいのが特徴です。

それでいて、コンセントから電源を取れるためブラックボックス型と違って半永久的に動作します。手軽さと実用性を兼ね備えた、盗聴器のベストセラーといえるでしょう。

時代にマッチしたマウス型の盗聴器

擬装型の盗聴器は、三叉ソケット型以外にも我々の身近なグッズにカモフラージュされて流通しています。三叉ソケット型が非常に有名なので、あまりスポットを当てられませんが、だからこそそのバリエーションは知っておくべきともいえます。そこで、擬装型の盗聴器にどんな種類があるか見ていきましょう。

擬装型の盗聴器には「PC用マウス型」があります。PCは現代社会において必需品。会社や自宅にあるのが当たり前です。となれば、マウス型は時代にマッチした擬装といえるでしょう。

電源はUSB接続したPCから給電するため、電池が不要というのもポイント。PCの電源が入っている限り、いつまででも周囲の音声(有効範囲は15m程度)を外部に発信します。送信距離は見通しで50m程度のようです。


革製キーホルダーに擬装した盗聴器

キーホルダーに擬装した盗聴器もあります。それが「革製キーホルダー型」です。高感度マイク・送信器・電源などをコンパクトに内蔵した携帯性の高さがウリです。

事務所のキーを付けて事務所内に設置。自分は外から室内の様子を伺うことができます。また、ターゲットに持たせておけば、行き先々での会話を離れた場所から把握することもできるでしょう。

自分の留守中に、妻の行動を監視したいという時に役立つのが「置き時計型」です。リビングや寝室にも違和感なく置いておけます。電源はAC100Vなので、電池切れも心配ありません。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事