ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

海外衛星放送をダイレクトに受信して楽しむ方法

インターネットを介して、海外のテレビ番組も動画サイトで手軽に見られるようになりました。北朝鮮の朝鮮中央テレビもニコニコ動画の生放送で配信され、リアルタイムで視聴できます。しかしながら直接、放送衛星の電波をパラボラアンテナで受信する、海外衛星放送の受信マニアがいるのも事実。その魅力に迫ります。


海外衛星放送をダイレクトに受信して楽しむ方法

海外衛星放送をリアルタイムで視聴

海外衛星放送の受信という趣味があります。中国やロシア、ヨーロッパにて、現地向けに放送されているテレビ番組を、巨大なパラボラアンテナと専用の衛星チューナーを使い、リアルタイムでしかも高画質で視聴することを楽しむハイレベルな趣味です。

かつては機材を揃えるだけでも大変でした。そして、いまだにテレビマニアの間で海外衛星放送愛好家は特別にリスペクトされています。

現在は、高性能化した受信機材が数千円と安価で、しかもネット通販で手軽に買えるようになりました。とはいえ受信には、海外向けの衛星の電波を無理やりキャッチするために、1.5~2mという巨大なパラボラアンテナが必要。誰でも簡単に始めるのは難しいというのが実際のところです。

海外衛星放送は最高峰のマニア趣味

ゆえに、海外衛星放送の受信はマンションのベランダに設置してBS/CSを見る感覚でというわけにはいきません。ある程度広い庭がある、一軒家に住んでいることが前提だったりします。

そんな苦労をしてまで、なぜ海外衛星放送を見たいのでしょうか。それは、普通の人が見られない映像を、自分だけが見ることできるという、代え難い魅力があるからに他なりません。

現在は国内でも衛星放送が普及し、また各種動画サービスも充実しているため、多様なコンテンツを手軽に楽しめるようになりました。しかし、海外衛星放送の受信はそれでは満足できない最高峰のマニア趣味といえます。


海外衛星放送を見るための必要機材

例えば、中国の衛星放送を見たいとしましょう。必要な機材は、専門ショップで揃えることになります。その筋で知られている老舗が、「コンテック」や「海外衛星TVアンテナ」です。

DVB-S/S2規格の衛星チューナー、1.5~1.8mのパラボラアンテナ、受信信号コンバータのLNBFが基本機材です。ここ最近は、携帯電話の3.5GHz帯の電波干渉によりノイズが発生するため、除去フィルターも必須となっています。

それらを設置し、アンテナを東経115.5度の「Chinasat6B」などに合わせていきます。方位角と仰角に加え、LNBFの角度(偏波角)も併せて微調整していくわけです。

これで、ノンスクランブルチャンネル「CCTV高清」は受信できるようになります。なお、スクランブルチャンネルは有料サービスで解除可能です。さらに、この受信テクニックを応用すれば、ヨーロッパやアジア各国のテレビはもちろん、日本国内のSNGなども視聴可能になるのです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事