ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

4K放送が意外と簡単に楽しめる単体4Kチューナー

2018年12月から、BSと110度CSにて新4K/8K衛星放送が始まっています。しかし、世間的に注目度が高くないというのが正直なところ。その主な要因は、受信環境の構築が大変そうという心理的ハードルの高さでしょうか。BSのNHKと民放5チャンネル(BS日テレ4Kは2019年9月開始予定)は無料であり、既存のパラボラアンテナ(右旋)で受信可能。4KチューナーさえつなげばOKと、意外と簡単に見られるのです。


スポンサーリンク
4K放送が意外と簡単に楽しめる単体4Kチューナー

4Kテレビに4Kチューナーをプラス

ここ数年、家電メーカーをはじめPC周辺機器メーカーなども、4K解像度に対応した液晶テレビを発売してきました。しかし、それらの多くはあくまで4K解像度に対応しているだけであり、4Kチューナーを搭載しているわけではありません。BS4Kが既存のパラボラアンテナ設備で受信できるとはいえ、チューナーが無ければ当然、視聴することはできません。

そこで、手持ちの4Kテレビにプラスしたい、4Kチューナーを紹介しましょう。4Kチューナーを内蔵している外部機器は、単体の4Kチューナーと4Kチューナーを内蔵したBDレコーダーがあります。4Kチューナー内蔵BDレコーダーは、現在、シャープとパナソニックの2社からのみで、価格は10万円前後です。

手軽さでいえば、単体の4Kチューナーでしょう。こちらは、パナソニックやソニーといった大手家電メーカー各社からはもちろん、PC周辺機器メーカーからもリリースされており、ラインアップが豊富です。となれば価格帯も機能によってさまざまで、2万円台から買えるモデルもあります。

ということで、ここではピクセラとアイ・オー・データ機器の4Kチューナーの特徴を見ていきましょう。

4Kのシングルチューナーのみ搭載

ピクセラの「4K Smart Tuner」は、地デジ・BS・110度CS・4Kチューナー×1基を搭載。3波に加えて、BS/110度CS 4K放送も受信できるチューナーです。発売時には、テレビ放送の録画機能は非搭載でしたが、アップデートで追加されています。実勢価格は21,000円です。

最大のウリは、4Kチューナーとメディアプレーヤーが合体したハイブリットマシンということ。NetflixやAbemaTVなどの動画サービスも、これ1台で楽しめるのです。昨今のテレビには主要動画サービスのアプリがプリインストール済みですが、ネットに接続してアプリを選んで…と切り替えに時間がかかるため、使い勝手は正直イマイチです。

その点、外部機器でネット動画につなげるようにしておけば、入力切り替え(HDMI1→HDMI2など)だけで済むので、非常にスピーディ。テレビのCM中だけNetflixの続きを再生…ということも造作ありません。そういった理由もあり、Amazonの「Fire TV」が人気なのですが、これ1台でそういう要望も賄えるわけです。

一方、アイ・オー・データ機器の「HVT-4KBC」は、4Kのシングルチューナーのみ搭載という、至ってシンプルな作り。地デジ・BS/110度CSチューナーを切り捨てたことで、必要な機能のみをピンポイントで追加したいという、ユーザーの要望にダイレクトに応えているともいえます。実勢価格は28,000円です。

お気に入りのメーカーの全録レコーダーなどを使用しているなら、その環境を邪魔せず、サブ機として+αするには最適でしょう。HVT-4KBCもUSBで外付けHDDを接続すると、4Kでの録画が可能です。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事